FRピラティスエクササイズ「エッジ トゥ エッジ」解説

 

 

こんにちは、こんばんは、おはようございます

 

 

広島県福山市を中心に活動しています

 

 

理学療法士、ヨーガ・ピラティスパーソナルトレーナーのダイスケです。

 

 

本日はFRピラティスアドバンスエクササイズ「エッジ トゥ エッジ」についてのデモンストレーション動画と解説です。

 

動画は下の画像をクリックしてね!!

 

 

エッジ トゥ エッジの効果


 
エッジ トゥ エッジの効果は以下の通りです。
 
・バランス能力の向上
 
 
・体幹の安定化(身体正中化)の向上
 
 
今回はエッジ トゥ エッジにおけるバランス能力についての解説と体幹部の安定化に必要な要素について解説します。
 
 

 
 

エッジ トゥ エッジでのバランス能力


 
 
エッジ トゥ エッジでは常に肩甲骨は外転/下制位をと股関節の屈曲位を保持し続けます。
 
 
この肩甲帯は骨盤帯と常に協調しており、肩甲骨がニュートラルポジションである時、骨盤帯もニュートラルポジションを保持しています。
 
ここで肩甲帯と骨盤帯の動きの連動について確認してみましょう。
 
 
肩甲骨の動きには下記のような動きがあります。
 
また骨盤帯の動きには下図のような動きがあります。
 
仙骨のニューテーション、腸骨As/Inflare、坐骨外転の動き。
 
 
仙骨のカウンターニューテーション、腸骨Pi/Outflare、坐骨内転。
 
 
この肩甲骨の動きと骨盤帯の動きは連動しています。
 
肩甲骨が挙上する時は、仙骨カウンターニューテーションと腸骨のPi/Outflare、坐骨内転が、肩甲骨が下制する時には、仙骨ニューテーションと腸骨のAs/Inflare、坐骨外転が連動します。
 
 
腰部骨盤帯のニュートラルポジションは腰部が前弯位、骨盤帯はやや前傾位を呈している位置です。
 
この腰部骨盤帯のニュートラルポジションは上体がニュートラルポジションであるときにこのポジションになります。
 
つまりは、頭頸部の軸の伸長がなされていることによって腰部骨盤帯も連動してニュートラルポジションを呈することができるのです。
 
 
まとめると、肩甲帯は下制位となることで頭頸部の軸の伸長と反作用の方向に力を生み出し、カウンターとして頭頸部は軸の伸長の方向性と反作用があることで軸の伸長を強調することができます。また、肩甲骨の下制は仙骨のニューテーションと腸骨のAs/Inflare、坐骨外転という腰部骨盤のニュートラルポジションである骨盤軽度前傾の方向と一致し、腰部骨盤帯のニュートラルポジションを保持することに肩甲骨の下制位という肩甲骨のニュートラルポジションを保持することが連動しているということになります。
 
 
エッジ トゥ エッジでは常時肩甲骨を下制/外転位を保持することで頭頸部と腰部骨盤帯のニュートラルポジションの保持と協調することが可能となるということになります。
 
 
この肩甲骨のニュートラルポジションと腰部骨盤帯のニュートラルポジションを連動させることで、エッジ トゥ エッジでは肩甲骨(上肢帯)と骨盤帯(下肢帯)がバラバラにならないように身体を一直線にした状態でバランスが崩れないようコントロールすることができるのです。
 
 

 
 
 

エッジ トゥ エッジでの体幹部の安定化


 
 
体幹部を安定化していくためには肩甲骨と骨盤帯の連動が必要になるということを上記であげたのですが、ここではそのために必要な筋肉の連動と協調性について解説していきます。
 
 
肩甲骨の下制/外転位を保持しつづける筋肉は前鋸筋であり、この筋肉は同側の外腹斜筋と筋連結し、この外腹斜筋は対側の内腹斜筋と筋連結しています。
 
 
 
 
つまりは、前鋸筋と腹斜筋によって肩甲骨と対側の骨盤帯は繋がっているということであり、肩甲骨の外転/下制を保持することで、対側の骨盤帯の安定化にも繋がります。
この肩甲骨と骨盤帯の繋がりは筋連結によるものですが、軸の伸長というピラティスの基本原則から考えると、上記のバランス能力の部分であげたように同側の肩甲骨の下制と骨盤のニュートラルポジションが連動しています。
 
 
両肩甲骨のニュートラルポジションを保持することで、軸の伸長の中でそれぞれの肩甲骨が同側の骨盤帯のニュートラルポジションと、筋連結によって対側の骨盤帯のニュートラルポジションと関係しています。
 
 
これらによって体幹部は身体の正中化とともにコントロールされ続け、体幹の安定化はバランス能力の向上とも連動しています。
 
 

 
 

エッジ トゥ エッジでみられる代償動作


 
 
①肘や膝を曲げてしまう
 
考えられる問題点:
 
肩甲骨の下制/外転不全
 
骨盤帯の不安定性
 
 
②上肢もしくは下肢のポジションがずれてしまう
 
考えられる問題点:
 
肩甲骨と骨盤帯の協調性低下
 
腹斜筋、前鋸筋の弱化
 
 

 
 
 

エッジ トゥ エッジのポイント


 
 
肩甲帯の外転/下制を保持し続ける
 
 
腹部の協調性を保持する
 
 
軸の伸長を保持し続ける
 
 

 
 

お知らせ


 

 

※パーソナルセッションのスケジュールは随時更新しております。

※下記カレンダーにてスケジュールを確認後、お問い合わせフォームよりご連絡をお願い致します。

スケジュールカレンダー

クリックしていただくとレッスン可能な時間帯の詳細を見ることができます。

パーソナルセッション/整体/靴中敷き作成

グループセッション/勉強会

お問い合わせフォーム

    エクササイズ動画

     

    この記事を書いた人

    Daisuke Nobuchika

    ・理学療法士
    ・ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナー
    ・Yoga Teacher(Triyoga®︎、3A`s)
    ・予防運動アドバイザー
    ・歩行アドバイザー
    ・側弯トレーナー
    広島県福山市出身。小学校から社会人にかけてバスケットボールを続けてきました。高校生の時に人の役に立つ仕事に就きたいという思いと部活のトレーナーが理学療法士であることもあり、理学療法士を志す。2011年、理学療法士免許習得。総合病院、整形外科病院在籍中にピラティス、ヨガに出会う。2017年ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナーを習得。現在、理学療法士として臨床現場とインストラクターとして活躍中。 また、臨床中に患者様と関わる中で「病気になる前の予防の重要性」を感じ、『病気に囚われない予防の実現』を人生のテーマに日々邁進している。

     

     

    Bodywork Salon Compassesとは


     

    こころとからだの指針と紡ぐBodywork Salon Compassesではヨーガとピラティスを通じた心身コンディショニング・姿勢の改善やマッサージ・整体による痛みのケア(関節痛:首痛、頸痛、首コリ、肩こり、背部痛、腰痛、股関節痛、膝痛み、足痛や足部の変形:外反母趾など)、循環改善・むくみケア・姿勢と歩きの改善を行なっております。 ホームページではレッスンの内容や料金について詳細がわかりますので、この記事の最後の「ホームページはこちら↓↓をクリック」からのぞいてみてください。

     

    ホームページはこちら↓↓の画像をクリック

    LINE公式アカウント、Facebookアカウント、公式Instagramアカウントができたので

    【フォロー】や【いいね!】をよろしくお願いします!

     

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました