FRピラティスエクササイズ 「ゴルフスイング(ホリゾンタル)」解説

 

 

こんにちは、こんばんは、おはようございます

 

 

広島県福山市を中心に活動しています

 

 

理学療法士、ヨーガ・ピラティスパーソナルトレーナーのダイスケです。

 

 

本日はFRピラティスベーシックエクササイズ「ゴルフスイング(ホリゾンタル)」のデモンストレーション動画と解説です。

 

動画は下の画像をクリックしてね!!

【ゴルフスイング(ホリゾンタル)】FRピラティス 広島

 

 

ゴルフスイング(ホリゾンタル)の効果


 
 
ゴルフスイング(ホリゾンタル)の効果は以下の通りです。
 
 
胸部の柔軟性と腰部の安定性の向上
 
 
片脚バランス能力の向上
 
 
ゴルフスイング(ホリゾンタル)では、脊柱の回旋運動を主とした胸部の柔軟性向上と腰部の安定性向上が目的になります。
 
また、ピラティスの基本原則は最終的に「効率的な動き」へと繋がっていき、動きの統合が不可欠となります。
 
ここでは、脊柱の回旋運動のポイントとなる肩甲骨の動きと胸椎との関連性腰部を安定させるために必要な意識歩きから解釈する動きの統合について解説していきます。
 
 
その前に、胸部の柔軟性と腰部の安定性がなぜ必要になるのかについて解説していきます。
 
 

 

 

胸部の柔軟性と腰部の安定性の必要性


 
まず、カラダの特徴を確認し、胸部の柔軟性の必要性と腰部の安定性の必要性に分けて解説します。
 
では、まず胸部の構造から。
 
 
 
胸部(胸椎)は肋骨に囲まれており、動きずらくなりやすいという環境下にあります。
つまり、胸部の特徴として「硬くなりやすい」という特徴があるわけです。
肩甲骨の動きと連動して脊柱のカップリングモーションの起点となりますが、硬くなりやすいという特徴もあります。
 
では次に腰部について。
 
胸部とは違い腰部(腰椎)は周囲を囲っている骨はありません。(内臓はあります)
つまり、腰部という形態は不安定になりやすいという特徴があるということになります。
 
 
一度まとめます。
 
胸部:肋骨に囲まれているため硬くなりやすく、柔軟性の低下を招きやすい
 
腰部:支えとなるものがなく不安定になりやすい
 
 
しかしながら、胸部の柔軟性が不十分であれば、肩甲骨との連動が上手く行われず、脊柱のカップリングモーションの起点として機能しない。
腰部が不安定であれば、脊柱のカップリングモーションの動きを下肢へと伝達することができない。といった1つの動きを連動させ、統合し動きとして表出するという身体の特徴を最大限生かすことが胸部の柔軟性低下、腰部の不安定性によりできなくなるのです。
 
後にも解説しますが、脊柱の動きは胸部(肩甲骨からの連動)の動きから始まり、胸部の動きが十分でなければ脊柱の回旋によるカップリングモーションを構成することができず、動作時の衝撃吸収や効率的な動きの連動に繋げていくことができなくなります。
 
 
そのため、ピラティスの大原則として
 
胸部(胸椎)の柔軟性向上
 
腰部(腰椎)の安定性向上
 
があげられているのです。
 
そしてこれらの2つの重要なポイントを成しえていくために必要なことは「軸の伸長(抗重力伸展活動:ニュートラルポジション)」を行うことです。
 
 
軸の伸長が行われているポジションでは、エネルギー代謝も最小限となり効率化された動きの前提条件となります。
 
 
では次に、この胸部柔軟性向上のために、どのようにして胸部の動きを出せばいいのかについて解説します。
 
 

 

肩甲骨の動きと胸椎の動きの連動


 
まずは、肩甲骨の動きと胸椎の動きを再確認してみましょう。
 
肩甲骨の動き 胸椎
両側の前方突出 屈曲
両側の後退+肩関節伸展 伸展
両側の前方突出+肩関節屈曲 伸展
一側の前方突出+対側の後退 回旋
一側の上方回旋+対側の下方回旋 側屈
両側の上方回旋 伸長
両側の下方回旋 伸長
ゴルフスイング(ホリゾンタル)では、肩甲骨の両側の上方回旋による胸椎の伸長と、一側の前方突出+対側の後退による胸椎の回旋がメインの動きとなります。
 
 
肩甲骨の動きによって胸椎の回旋という動きが誘導され、胸椎の回旋が脊柱全体の回旋へ波及し脊柱のカップリングモーションが構成されます。
 
バリエーションでは、胸椎の回旋から脊柱のカップリングモーションを構成し、片脚へと体重移動した後、対側の脚をコントロールします。
 
ここではどこから動きが始まるのかという部分がポイントになります。
ピラティスでは胸椎の動きから動きの統合へ繋げていきたいので、足のコントロールからはエクササイズには入っていきません。
脊柱の動きから、ことに胸椎の動きから始まり、片脚への重心移動が起こり、ここから片脚バランスが開始されます。
 
 
胸椎の動きから始まるという部分が大切なポイントになります。
 
 

 
 

腰部安定化のために


 
では次に腰部の安定化について解説していきます。
ピラティスの戦略である、腰部の安定性向上についてです。
 
 
腰部が安定しているポジションとはどのポジションなのでしょうか。
関節のアライメントで言えばニュートラルポジションであり、腰椎という脊柱の部位で言えば、前弯位を保持した状態になります(腰椎のニュートラルポジションは前弯位です)。
 
 
ではこの前弯を保持するために必要な筋肉はなんのでしょうか。
脊柱の弯曲を保持するのは、「多裂筋」であり、腰椎の前弯を構成するのは「腸腰筋」になります。
 
 
そして、この多裂筋、腸腰筋による腰部の安定化が図られると、骨盤帯の安定化も同時に行われ、内腹斜筋や骨盤底筋といった骨盤周囲を安定させる筋肉が働きだします。
 
 
筋同士も連動して働くようにできています。
 
 
腰部・骨盤帯が安定することによって、カラダの正中に位置する頭部-脊柱-骨盤の正中化の土台が作られ、動作時の体の動揺性が減少し、衝撃を吸収することができるのです。
 
 

 

「動きの統合」と歩行


 
ここでピラティスの基本原則「動きの統合」、ことに歩行について例をあげて解説していきます。
 
 
歩行の始まりは胸椎(肩甲骨の誘導による)であり、脊柱のカップリングモーションにより下方にそのエネルギーは伝達され、最終的には片脚への重心移動し、対側の脚を前方にステップするという動きへと繋がります。
このステップの繰り返しが歩行であり、ここでは前方へ移動するために、ある身体モーメントに対するカウンターモーメントを作ることによって、足を前方にステップしています。
例をあげてみてみましょう。
 
 
①肩甲骨の誘導により胸椎は左回旋する
 
②脊柱が左回旋していき、右下肢へ荷重(重心が移動)がかかる。
 
③左の脚が浮き始め、左股関節内転・屈曲が起こり、上体の回旋動作に対するカウンターモーメントを形成し、「前方」へ足がステップされる。
 
 
 
 
ここでは、脊柱の回旋が足に伝わりますが、この回旋力が保持されたままだと、左足は前外側にステップしてしまいます。
ここで、左股関節内転を屈曲と同時に行うことで脊柱左回旋モーメントと左股関節内転モーメントを統合し足を「前方」へ運ぶモーメントへと統合していくのです。
 
 
この股関節屈曲・内転の作用も腸腰筋が機能し、立脚している足でも、ステップする足でも腸腰筋が機能しているということがわかりますね。
 
 

 
 

ゴルフスイング(ホリゾンタル)でみられる代償動作


 
①肩甲骨の後退を肘を曲げる事で代償する
 
考えられる問題点:
 
・回旋方向の下後鋸筋の弱化
 
・胸椎の柔軟性低下
 
・回旋と対側方向の前鋸筋の弱化
 
 
②脊柱の回旋によって骨盤が後退してしまう
 
考えられる問題点:
 
・骨盤の不安定性
 
・腰部の不安定性
 
・胸椎の柔軟性低下
 
・軸の伸長不足
 
 

 

 

ゴルフスイング(ホリゾンタル)のポイント


 
脊柱のニュートラルポジションを保持する
 
肩甲骨から胸椎の回旋をはじめる
 
動きは胸椎の回旋からはじまる(バリエーションは足から動かさない)
 
 

 

お知らせ


 

 

※パーソナルセッションのスケジュールは随時更新しております。

※下記カレンダーにてスケジュールを確認後、お問い合わせフォームよりご連絡をお願い致します。

スケジュールカレンダー

クリックしていただくとレッスン可能な時間帯の詳細を見ることができます。

パーソナルセッション/整体/靴中敷き作成

グループセッション/勉強会

お問い合わせフォーム

    エクササイズ動画

    【ロールダウン・ロールアップ】ピラティス in 福山

     

    この記事を書いた人

    Daisuke Nobuchika

    ・理学療法士
    ・ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナー
    ・Yoga Teacher(Triyoga®︎、3A`s)
    ・予防運動アドバイザー
    ・歩行アドバイザー
    ・側弯トレーナー
    広島県福山市出身。小学校から社会人にかけてバスケットボールを続けてきました。高校生の時に人の役に立つ仕事に就きたいという思いと部活のトレーナーが理学療法士であることもあり、理学療法士を志す。2011年、理学療法士免許習得。総合病院、整形外科病院在籍中にピラティス、ヨガに出会う。2017年ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナーを習得。現在、理学療法士として臨床現場とインストラクターとして活躍中。 また、臨床中に患者様と関わる中で「病気になる前の予防の重要性」を感じ、『病気に囚われない予防の実現』を人生のテーマに日々邁進している。
     
     
     

     

    Bodywork Salon Compassesとは


     

    こころとからだの指針と紡ぐBodywork Salon Compassesではヨーガとピラティスを通じた心身コンディショニング・姿勢の改善やマッサージ・整体による痛みのケア(関節痛:首痛、頸痛、首コリ、肩こり、背部痛、腰痛、股関節痛、膝痛み、足痛や足部の変形:外反母趾など)、循環改善・むくみケア・姿勢と歩きの改善を行なっております。 ホームページではレッスンの内容や料金について詳細がわかりますので、この記事の最後の「ホームページはこちら↓↓をクリック」からのぞいてみてください。

     

    ホームページはこちら↓↓の画像をクリック

    LINE公式アカウント、Facebookアカウント、公式Instagramアカウントができたので

    【フォロー】や【いいね!】をよろしくお願いします!

     

     

     

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました