FRピラティス エクササイズ 「ソウ」の解説

 

 

こんにちは、こんばんは、おはようございます

 

 

広島県福山市を中心に活動しています

 

 

理学療法士、ヨーガ・ピラティスパーソナルトレーナーのダイスケです。

 

 

本日はFRピラティス ベーシックエクササイズの「ソウ」の解説です。

エクササイズ動画は下の画像をクリックしてね!

 

【FRピラティス 広島】ソウ

 

 

ソウの効果


 
 
ソウの効果は以下になります。
 
胸椎の回旋と側屈の動きを促す
 
 
胸椎の回旋について、なぜ「回旋」という動きを促す必要があるのか?については「マーメイド」「スパインツイスト」の記事でまとめていますので下の画像をクリックして記事を見てみてください。
 
 
簡単に胸椎の回旋について少しおさらいをしましょう。
ヒトは歩行するときの原動力として腕を振ることを行います。
この腕を振ることによって肩甲骨と連動する胸椎が回旋し、この回旋によって頸部、胸部、腰部に左右の3つのカーブが形成される(これを脊柱のカップリングモーションといいます。)。
 
 
 
この側方の脊柱の弯曲が形成されることで、左右方向の衝撃を吸収することができ、歩行時の床からの衝撃と頭蓋骨を支える背骨のクッション性能を機能させることができます。
この弯曲が形成されなければ、1つの弯曲が減るごとに背骨には2倍の衝撃がかかることになります。
肩甲骨の動きを原動力としたこの胸椎の回旋の動きによって背骨のクッション作用が発揮できるということです。
 
 
 
これらの直立二足歩行を構成する要素を含め、FRピラティスの戦略としては胸部の柔軟性の向上腰部の安定性の向上を図っていきます。
 
 
 
では今回は胸椎の回旋と、なぜ「側屈」の動きを促す必要があるのか?についてまず解説していきたいと思います。
 
 
まず肩甲骨と胸椎の動きの連動(カップリング)についておさらいをしましょう。
 
 
 
肩甲骨 胸椎
両側の前方突出 屈曲
両側の後退+肩関節伸展 伸展
両側の前方突出+肩関節屈曲 伸展
一側の前方突出+対側の後退 回旋
一側の上方回旋+対側の下方回旋 側屈
両側の上方回旋 伸長
両側の下方回旋 伸長
※「コメディカルのためのピラティスアプローチ」より
 
 
 
次に脊柱の回旋に伴う側屈との関係(脊柱のカップリングモーション)についておさらいしましょう。
 
脊柱の回旋に伴い、胸部は回旋と同側に側屈が起こり、腰部は反対側への側屈が起こります。
 
この回旋と同時に側屈が起こるのは回旋に伴って一側の関節面には圧縮が加わり、反対側の関節面には離開が起こるため、側屈という動きが起こります。
 
ちなみにですが、背骨の上下の関節は左右に1つずつあります。
 
 
 
ソウではこの胸部の回旋と同側方向の側屈を促すという
 
 
でもソウは回旋して同側の側屈と反対側の側屈もしていない?と思う方もおられると思います。
(私も思っていました)
 
 
 
ここでは、ソウのエクササイズの効果(目的)として胸部の回旋と側屈を促すということに加えて何の筋肉の収縮を促しているのかという視点が必要になってきます。
 
 
胸部の回旋の原動力となる肩甲骨の前方突出という動きをつかさどるのは「前鋸筋」という筋肉になるのですが、この前鋸筋は外腹斜筋そして内腹斜筋という筋肉と筋連結しており、胸郭の捻りや骨盤の安定性をつかさどります。
 
 
ソウの中で回旋と反対側へ側屈する時(例えば右に回旋して左に側屈する時)はこの外腹斜筋と内腹斜筋の収縮を促しています。
では外腹斜筋について少し見てみましょう。
 
上の図は胸部から腹部を左側から見た図になります。矢印は前鋸筋という筋肉でこの筋の左斜め下にあるのが外腹斜筋になります。
 
外腹斜筋は一側の肋骨から反対側の内腹斜筋と筋連結し、最終的に反対側の骨盤に付着しています。
そのため外腹斜筋は単純に働くと、寝ている状態では体を斜めに起こすときに働き、体を起こしている時は回旋時に特に働くということになります。
ただし、前鋸筋と筋連結しているため、回旋力をより高めていくためには前鋸筋-外腹斜筋-内腹斜筋がセットで働く必要があります。
 
 
しかし、ピラティスの大原則として「軸の伸長」がありますので、潰れる方向に体をコントロールしていきたい訳ではありません。
 
 
なので、ソウのエクササイズでは腰部は潰さないように行うことで、「軸の伸長」を保持しつつ前鋸筋-外腹斜筋-内腹斜筋による回旋力を向上させる練習をしていることになります。
 
 
背骨の動きだけでとらえれば反対じゃないのか?という疑問もあるかもしれませんが、主眼を向けている部分が何なのかという部分にも注目していただけるとエクササイズの意味や深みがより感じれるのではないでしょうか。
 
~まとめ~
 
・回旋と同側に側屈を行うときは胸部のカップリングの促通と頸部の付け根(上位胸椎部)からの前弯の促通、そして腰部の安定化の向上を図っている
 
 
・回旋と反対側に側屈を行うときは、カップリングの促通というよりは、腹斜筋の走行に合わせてコントロールすることで腹斜筋による回旋力の向上を図っている
 
 
 

 

 

ソウのポイント


 

股関節や腰部から動かず、胸部から動くようにする

 

体を上に引き上げ、腰部を潰さないように意識する

 
 
 

 

 

お知らせ


 

 

※パーソナルセッションのスケジュールは随時更新しております。

※下記カレンダーにてスケジュールを確認後、お問い合わせフォームよりご連絡をお願い致します。

スケジュールカレンダー

クリックしていただくとレッスン可能な時間帯の詳細を見ることができます。

パーソナルセッション/整体/靴中敷き作成

グループセッション/勉強会

お問い合わせフォーム

エクササイズ動画

【ロールダウン・ロールアップ】ピラティス in 福山

 

この記事を書いた人

Daisuke Nobuchika

・理学療法士
・ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナー
・Yoga Teacher(Triyoga®︎、3A`s)
・予防運動アドバイザー
・歩行アドバイザー
・側弯トレーナー
広島県福山市出身。小学校から社会人にかけてバスケットボールを続けてきました。高校生の時に人の役に立つ仕事に就きたいという思いと部活のトレーナーが理学療法士であることもあり、理学療法士を志す。2011年、理学療法士免許習得。総合病院、整形外科病院在籍中にピラティス、ヨガに出会う。2017年ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナーを習得。現在、理学療法士として臨床現場とインストラクターとして活躍中。 また、臨床中に患者様と関わる中で「病気になる前の予防の重要性」を感じ、『病気に囚われない予防の実現』を人生のテーマに日々邁進している。
 
 
 

 

Bodywork Salon Compassesとは


 

こころとからだの指針と紡ぐBodywork Salon Compassesではヨーガとピラティスを通じた心身コンディショニング・姿勢の改善やマッサージ・整体による痛みのケア(関節痛:首痛、頸痛、首コリ、肩こり、背部痛、腰痛、股関節痛、膝痛み、足痛や足部の変形:外反母趾など)、循環改善・むくみケア・姿勢と歩きの改善を行なっております。 ホームページではレッスンの内容や料金について詳細がわかりますので、この記事の最後の「ホームページはこちら↓↓をクリック」からのぞいてみてください。

 

ホームページはこちら↓↓の画像をクリック

LINE公式アカウント、Facebookアカウント、公式Instagramアカウントができたので

【フォロー】や【いいね!】をよろしくお願いします!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました