ピラティスの基本原則:⑬リズム&フロー

 

こんにちは、こんばんは、おはようございます

 

 

広島県福山市を中心に活動しています

 

 

理学療法士、ヨーガ・ピラティスパーソナルトレーナーのダイスケです。

 

 

前回の記事では、ピラティスの基本原則である「動きの統合」をピラティスのベーシックエクササイズ、ミドルエクササイズ、アドバンスエクササイズを例にまとめてみました。

 

今回は動きの中でも持久性等に係る「リズム&フロー」についてまとめていきたいと思います。

 

 

リズムとは


 
 
リズムとは以下の意味をさします。
 
 
➀周期的に反復・循環する動き、律動
 
②運動・音楽・文章などの進行の調子
 
③詩の韻律
 
④音楽の最も根源的な要素で、音の時間的進行の構造。時代や民族によって違いがみられる。一定の時間量を規則的に下位分割する拍節リズム、異なる拍子を組み合わせてより大きな構造を作る付加リズム、音の長さに単位のない自由リズムなどがある
 
(webのwebio辞典より)
 
 

 

フローとは


 
 
フロートは以下の意味を指します。
 
 
(絶え間なく)流れる、流れ出る、わき出る、流れるように動く、流れるように通る、すらすらと流れ出る、流れるように垂れる、風になびく、巡る、通う
 
(webのwebio英和辞典より)

 

リズム&フローとは


 
上記の意味をまとめると「絶え間なく流れる周期的な動きや律動」という意味になります。
 
 
では身体でのリズム&フローとはどのようなことなのでしょうか。
 

 

身体のリズム&フローとは


 
 
身体でのリズム・フローは心拍や自律神経系、または昼夜覚醒や腸蠕動、呼吸。細胞レベルで細胞内外でのイオンの濃度勾配やチャネルといたように様々な部位や大小のレベルでうかがうことができます。
 
 
 
これらのリズム・フローは自動的なものもあれば、自動的でないものも存在します。
 
 
 
また、これらの器官のリズム・フローが何らかの形で崩れてしまうと、周囲の器官に影響を与えたり機能が損なわれてしまうこともあります。
 
 
 
ピラティス自体は身体的なエクササイズになるので、身体自体の運動と、身体内部で起こっているリズム・フローをリンクさせていく作業であるともいえます。
 
 
 
例えばエクササイズ1つをとってもその流れるような円滑さがなければ、心拍により運ばれる血流の阻害になったり、酸素運搬の阻害、細胞での発火運動の阻害が起こりえます。
 
 
 
身体の内外の律動を調整することと、フローとしての身体の円滑性がピラティスを通して獲得できるということになります。

 

 

 

お知らせ


 

 

※パーソナルセッションのスケジュールは随時更新しております。 ※下記カレンダーにてスケジュールを確認後、お問い合わせフォームよりご連絡をお願い致します。

スケジュールカレンダー

クリックしていただくとレッスン可能な時間帯の詳細を見ることができます。

パーソナルセッション/整体/靴中敷き作成

グループセッション/勉強会

お問い合わせフォーム

エクササイズ動画

【ロールダウン・ロールアップ】ピラティス in 福山

 

この記事を書いた人

Daisuke Nobuchika

・理学療法士
・ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナー
・Yoga Teacher(Triyoga®︎、3A`s)
・予防運動アドバイザー
・歩行アドバイザー
・側弯トレーナー
広島県福山市出身。小学校から社会人にかけてバスケットボールを続けてきました。高校生の時に人の役に立つ仕事に就きたいという思いと部活のトレーナーが理学療法士であることもあり、理学療法士を志す。2011年、理学療法士免許習得。総合病院、整形外科病院在籍中にピラティス、ヨガに出会う。2017年ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナーを習得。現在、理学療法士として臨床現場とインストラクターとして活躍中。 また、臨床中に患者様と関わる中で「病気になる前の予防の重要性」を感じ、『病気に囚われない予防の実現』を人生のテーマに日々邁進している。
 
 
 

 

Bodywork Salon Compassesとは


 

こころとからだの指針と紡ぐBodywork Salon Compassesではヨーガとピラティスを通じた心身コンディショニング・姿勢の改善やマッサージ・整体による痛みのケア(関節痛:首痛、頸痛、首コリ、肩こり、背部痛、腰痛、股関節痛、膝痛み、足痛や足部の変形:外反母趾など)、循環改善・むくみケア・姿勢と歩きの改善を行なっております。 ホームページではレッスンの内容や料金について詳細がわかりますので、この記事の最後の「ホームページはこちら↓↓をクリック」からのぞいてみてください。

 

ホームページはこちら↓↓の画像をクリック

LINE公式アカウント、Facebookアカウント、公式Instagramアカウントができたので

【フォロー】や【いいね!】をよろしくお願いします!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました