ピラティスの基本原則:⑥コアの制御

 

こんにちは、こんばんは、おはようございます

 

 

広島県福山市を中心に活動しています

 

 

理学療法士、ヨーガ・ピラティスパーソナルトレーナーのダイスケです。

 

 

 

ここまで、ピラティスの基本原則である③アライメント④正中化⑤肩甲帯の組織化について書いてきました。

 

③アライメントの記事は下の画像をクリックしてください。

 

④正中化の記事は下の画像をクリックしてください。

 

⑤肩甲帯の組織化についての記事は下の画像をクリックしてください。

 

 

今回は⑥コアの制御についてです。

 

 

ピラティスの基本原則が姿勢や動きとどのように関係しているかについては下の画像をクリックして記事を読んでみてください。

 

 

コアとは何か


 
コア(core)とは以下の意味をなします。
 
 
(ナシ・リンゴなどの)芯(しん)、(電線などの)芯、(鋳物の)心型、中子(なかご)、(原子炉の)炉心、核心、眼目、(磁気)コア、磁心、(地球の)中心核
(Web英和辞典Webioより)
 
 
 
要は物質の中心(芯・核心)であるということになります。

 

 

この核心は面でみれば正中ということになります。

 

 

より立体的な物質の中心部のことをコアcoreといいます。

 

 

 

身体のコアとは何のことなのか


 

では物質の立体的な中心部をコアとするならば、身体のコアとはどの部分のことなのでしょうか。

 

 

身体の骨は形が左右対称のものはないので、質量中心やあるいは重心にてコアを規定することができます。

 

 

このコアに関してはコアに対して圧力がかかれば、その圧力がかかっている方向に対して反力が直線的に生じる部位とすることもできるでしょう。

 

 

簡潔に言えば、重力に対して地面からの反力が鉛直に返すことができる身体のポジションです。

 

 

このコアは骨の質量重心としても捉えることができますし、関節の中心部として捉えることもできます。

 

 

コアとは単に体幹部だけではなく、身体全体を通しての各々の芯(軸)・核心のことになります。

 

 

関節の正中面が全身で構成されているならば、それは各々の関節のコアを通っており、骨同士の核心も直線状になっています。これはアライメントの記事でも既述したように一直線上に連なっている状態という意味とも捉えることができます。

 

 

ピラティスのこの⑥コアの制御④正中化③アライメントの③つは身体各部の状態を違う言葉で説明しているに近い物です。

 

 

③アライメントは2つの骨の関係性や関節の状態を、④正中化は関節の面と身体全体、そして重力との関係性を、⑥コアの制御は重力と床反力、そして身体のアライメントと正中化との関係性を説明していることになります。

 

 

これら3つのピラティスの構成要素は感覚器官からのフィードバックを基盤として身体の反応を制御していることになります。

 

 

感覚器官からの情報収集と運動器官のコントロールの相互作用が必要になってきますね。

 

 

 

姿勢の中でコアを制御するとは


 

骨や関節ごとにコア(芯・核心)があることは述べました。

 

 

このコアを制御するといってもコア自体は動かすことが出来るものではありません。

 

 

ピラティスでいうこのコアの制御は身体重心線と身体全体の質量、各骨ごとのコア同士のバランスをとっていくことになります。

 

 

重量は地球のコアに向かってかかっていますが、身体のコアと地球上のコアとの関係性のバランス制御といってもいいでしょう。

 

 

この地球の中心に向かっている重力が規定する重心線の上に身体を支える面や点、そしてその上に乗っている身体各臓器のコアが重心線上で左右・前後・上下でバランスをとっていくことがコアの制御になります。

 

 

このバランスが崩れた時に転倒したり、怪我をしたりします。

 

 

 

コアを制御している時の感覚はどのような感覚なのか


 

直立している状態で、身体のコアが正中をとり、直線状のアライメントをとっている時には⑧軸の伸張という足はより地面を押し、頭頂はより上に伸びていく感覚になります。

 

 

この感覚で身体運動に移ることが出来れば最小限の筋出力で動くことが出来、エネルギーを効率よく使うことができます。

 

 

 
 

お知らせ


 

 

※パーソナルセッションのスケジュールは随時更新しております。 ※下記カレンダーにてスケジュールを確認後、お問い合わせフォームよりご連絡をお願い致します。

スケジュールカレンダー

クリックしていただくとレッスン可能な時間帯の詳細を見ることができます。

パーソナルセッション/整体/靴中敷き作成

グループセッション/勉強会

お問い合わせフォーム

エクササイズ動画

【ロールダウン・ロールアップ】ピラティス in 福山

 

この記事を書いた人

Daisuke Nobuchika

・理学療法士
・ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナー
・Yoga Teacher(Triyoga®︎、3A`s)
・予防運動アドバイザー
・歩行アドバイザー
・側弯トレーナー
広島県福山市出身。小学校から社会人にかけてバスケットボールを続けてきました。高校生の時に人の役に立つ仕事に就きたいという思いと部活のトレーナーが理学療法士であることもあり、理学療法士を志す。2011年、理学療法士免許習得。総合病院、整形外科病院在籍中にピラティス、ヨガに出会う。2017年ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナーを習得。現在、理学療法士として臨床現場とインストラクターとして活躍中。 また、臨床中に患者様と関わる中で「病気になる前の予防の重要性」を感じ、『病気に囚われない予防の実現』を人生のテーマに日々邁進している。
 
 
 

Bodywork Salon Compassesとは


 

こころとからだの指針と紡ぐBodywork Salon Compassesではヨーガとピラティスを通じた心身コンディショニング・姿勢の改善やマッサージ・整体による痛みのケア(関節痛:首痛、頸痛、首コリ、肩こり、背部痛、腰痛、股関節痛、膝痛み、足痛や足部の変形:外反母趾など)、循環改善・むくみケア・姿勢と歩きの改善を行なっております。 ホームページではレッスンの内容や料金について詳細がわかりますので、この記事の最後の「ホームページはこちら↓↓をクリック」からのぞいてみてください。

 

ホームページはこちら↓↓の画像をクリック

LINE公式アカウント、Facebookアカウント、公式Instagramアカウントができたので

【フォロー】や【いいね!】をよろしくお願いします!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました