『体のメンテナンスの必要性』

こんにちは、こんばんは、おはようございます

 

広島県福山市を中心に活動しています

 

理学療法士、ヨーガ・ピラティスパーソナルトレーナーのダイスケです。

 

カラダのメンテナンス


 
昨日私は自転車のメンテナンスを行いました。
 
・タイヤの空気の確認
 
・チェーンの円滑性の確認 などなど…
 
そうなんです、目に見えるものはメンテナンスしたり、手入れしたりがしやすい。
 
その理由は目に見えて調子がわかるからです。
 
そのほかにも自分が乗りこなしていて以前との違いや、音などで気づくことも多くあります。
 
では人の体は?自分の体は?どうでしょうか。
 
人にはホメオスタシス(恒常性)といって、私たちが意識しなくても、自然とある程度メンテナンスを行ってくれています。
 
でもその恒常性に反して姿勢や歩きが崩れていけば、手に負えない状態になります。
 
なので、恒常性に加えて、自分自身のメンテナンスも必要です。
 
メンテナンスを言い換えれば「整える」と言ってもいいでしょう。
 
話を戻しますが、自転車のメンテナンスを行ったらチェーンのギシギシという音もなくなり、より円滑に自転車を使うことができるようになりました。
 
体の使い方は自転車を乗りこなすことと同様で、その自転車のメンテナンスを行うことで乗りこなしやすさは変わります。
 
体も同じように、メンテナンスを行うことで使いやすさは変わります。
 
本来もたれているとてもすばらしい機能自体がメンテナンスをしていないことで最大限に生かせない場合もあります。
 
これはもったいないですね。
 
なので、「使い方」と「メンテナンスの仕方」は知っておいて損はないと思います。
 
ピラティスは筋トレとイメージしてしまうかもしれませんが、筋トレを重要視しているわけでなく、上記にあるように体の使い方と体を整えるにはとても優れた手段であると言えるでしょう。
 
ピラティスを通して体の使い方やメンテナンスについて理解することができます。
 
体のメンテナンスも定期的に取り組んでみてください。
 
何からやればいいかわからないという方は、ご連絡くださいませ。 お待ちしています。
 
 
 
 
 
 

お知らせ


 

※プライベートクラスのスケジュールは随時更新しております。

※下記カレンダーにてスケジュールを確認後、お問い合わせフォームよりご連絡をお願い致します。

スケジュールカレンダー

・灰色の枠はプライベートクラス、セミプライベートクラスのご予約可能枠です。

・灰色以外の枠はグループクラス、ワークショップのご予約枠です。

読み込み中... 読み込み中...

お問い合わせフォーム

エクササイズ動画

【ロールダウン・ロールアップ】ピラティス in 福山

 

この記事を書いた人

Daisuke Nobuchika

・理学療法士
・ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナー
・Yoga Teacher(Triyoga®︎、3A`s)
・予防運動アドバイザー
・歩行アドバイザー
・側弯トレーナー
広島県福山市出身。小学校から社会人にかけてバスケットボールを続けてきました。高校生の時に人の役に立つ仕事に就きたいという思いと部活のトレーナーが理学療法士であることもあり、理学療法士を志す。2011年、理学療法士免許習得。総合病院、整形外科病院在籍中にピラティス、ヨガに出会う。2017年ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナーを習得。現在、理学療法士として臨床現場とインストラクターとして活躍中。 また、臨床中に患者様と関わる中で「病気になる前の予防の重要性」を感じ、『病気に囚われない予防の実現』を人生のテーマに日々邁進している。

 
 
 

Bodywork Salon Compassesとは


 

こころとからだの指針と紡ぐBodywork Salon Compassesではヨーガとピラティスを通じた心身コンディショニング・姿勢の改善やマッサージ・整体による痛みのケア(関節痛:首痛、頸痛、首コリ、肩こり、背部痛、腰痛、股関節痛、膝痛み、足痛や足部の変形:外反母趾など)、循環改善・むくみケア・姿勢と歩きの改善を行なっております。 ホームページではレッスンの内容や料金について詳細がわかりますので、この記事の最後の「ホームページはこちら↓↓をクリック」からのぞいてみてください。

ホームページはこちら↓↓の画像をクリック

LINE公式アカウント、Facebookアカウント、公式Insagramアカウントができたので

【フォロー】や【いいね!】をよろしくお願いします!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました