『ピラティスの基本原則〜コアの制御:Core Control〜』

こんにちは。

身体コンディショニングセラピスト&理学療法士として広島県福山市を中心に活動していますCompassesのDaisuke(ダイスケ)です。

 

 

『ピラティスの基本原則〜コアの制御:Core Control〜』

ピラティスの基本原則:身体を重力に抗して(1Gに対して)起こし、身体全体の動きを統合(連動)させ、動きに繋げる原則。

 

基本原則には以下の要素があります。

 

⒈気づき

⒉集中

 

⒊正中化

⒋肩甲帯の組織化

⒌アライメント

⒍コアの制御

⒎足のアーチ

 

⒏軸の伸長

 

⒐関節の分離運動

10.脊柱の分節的運動

11.選択的呼吸

 

12.リズム&フロー

13.動きの統合

 

14.効率的な運動

 

 

上記の「軸の伸長」というのは、重力に対して身体を起こしている状態であり、頭頂は床から一番遠い位置にある状態になります。

この「軸の伸長」を効率的にかつ最大限に行っていくためには身体的要素として③〜⑦の要素が非常に重要です。

 

今日はこの中の1つである「コアの制御」について見ていきましょう。

 

 

『コアのイメージは?』

「コア」と聞くと身体のどこの部位をイメージしますか?

お腹の筋肉のイメージが強くないでしょうか?

 

そもそもコアの意味は物質の中心部という意味があります。

 

身体の中心部といえば全体的な外観からするとお腹にみえますね。

もちろんお腹の筋肉も入ってきます。

 

加えてそれぞれの部位を見てみましょう。

 

例えば、関節のコアとはどこでしょうか?

以前もブログで挙げたニュートラルということになりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは位置関係上でのコアですが、脚に関しては、骨盤はコアになりますし、腕に関しては肩甲骨がコアになりますね。

骨盤に対して背骨はコアになりますし、肩甲骨に対しては胸郭がコアになりますね。

そのため、お腹だけではなく、それぞれの部位でコアをコントロールするということがこの「コアの制御」の意味になります。

 

コアの制御は言い換えればアライメントを整えることだし、正中化といえますね。

 

コアという意味でお腹のみだけでなく、全身と捉えながらエクササイズを実践できると効率的な全身運動を身につけることができます。

 

 

ファンクショナルローラーピラティスベーシックインストラクター養成コースについて

 

現在広島県福山校では9月に第4期ファンクショナルローラーピラティス ベーシックインストラクター養成コースの受付が始まっています。

詳細は下記の画像をクリックしてご確認ください。

 

 

プライベートレッスンのスケジュールは随時更新しております。

下記カレンダーにてスケジュールを確認後、ご予約フォームにてご予約をお願い致します。

 

スケジュールカレンダー

読み込み中... 読み込み中...

 

 

ご予約フォーム

 

 

この記事を書いた人

Daisuke

広島県福山市出身。小学校から社会人にかけてバスケットボールを続けてきました。高校生の時に人の役に立つ仕事に就きたいという思いと部活のトレーナーが理学療法士であることもあり、理学療法士を志す。2011年、理学療法士免許習得。総合病院、整形外科病院在籍中にピラティス、ヨガに出会う。2017年ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナーを習得。現在、理学療法士として臨床現場とインストラクターとして活躍中。
また、母の死を機に「病気になる前の予防の重要性」を悟り、『病気に囚われない予防の実現』を人生のテーマに日々邁進している。

2011年 専門学校川崎リハビリテーション学院卒業、理学療法士免許取得(国家資格)

2012年 SJF基礎コース修了

2013年 運動連鎖道場修了

2014年 予防運動アドバイザー習得、エボリューションウォーキング養成コース修了

2016年 アシュタンガヨガ プライマリーシリーズTT修了(Ken harakuma)

2017年 FRピラティスマスタートレーナー・側弯トレーナー取得(中村尚人)、アシュタンガヨガ インターミディエイトシリーズTT修了(Ken harakuma)、DNA Aコース修了

2018年 triyoga Basic受講中(Eva-Maria Beck、Santoshi Devi)

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました