見て学ぶピラティスエクササイズ〜スワン〜

こんにちは。

身体コンディショニングセラピスト&理学療法士として広島県福山市を中心に活動していますCompassesのDaisukeです。

 

『見て学ぶピラティスエクササイズ』

 

ピラティスエクササイズはどんなエクササイズなのか?

 

ヨガであればポーズの写真をみたことがあるかもしれませんが、ピラティスは実際になめらかに・しなやかにフローの状態で動き続けるので写真では理解しにくい部分もあると思います。

 

今回はFRピラティスのエクササイズ動画をyoutubeチャンネルであげているものご紹介します。

 

スワン

目的:背筋群の促通、腹部の安定性向上。

 

【スワン】ピラティス in 福山

肩甲骨と背骨(胸椎)の動き

 

スワンでは肩甲骨の動きを保持したままで、胸椎を伸展方向に動かします。

ここでは肩甲骨の動きと胸椎の動きを確認してみましょう。

 

 

上位胸椎は頸部の動きに追随しまずので、頭位のエロンゲーションを意識し続けることで上位胸椎のニュートラルは保持することができます。

 

 

中位胸椎は肩甲骨の外転で屈曲し、内転で伸展します。

 

 

下位胸椎は肩甲骨が下制すれば伸展し、挙上すれば屈曲します。

 

 

スワンでの肩甲骨の動きは「下制ー外転」の動きなので、胸椎を伸展するといっても、特に下位胸椎の伸展を促していくことになります。

 

 

この「下制ー外転」を行う筋肉は「前鋸筋」であり、前鋸筋は外腹斜、内腹斜筋と筋連結していますので、結果的に腹部の安定性が向上され、腰部のニュートラルを保持してくれます。

 

 

そのため、殿筋には力は入らず、脊柱の伸筋群とハムストリングスに収縮があります。

 

 

逆に言うとハムストリングスの力不足があれば、殿部の筋肉に収縮が入ってしまったり、スワンで身体が持ち上がらなかったりします。

 

 

スワンの注意点

 

・腰がそってしまわないように常に尾骨を巻き込み骨盤を手前に傾けた状態で行う。

 

・伸展は下位胸椎。

 

ファンクショナルローラーピラティスベーシックインストラクター養成コースについて

 

現在広島県福山校では9月に第4期ファンクショナルローラーピラティス ベーシックインストラクター養成コースの受付が始まっています。

詳細は下記の画像をクリックしてご確認ください。

 

 

まとめ

 

まとめ

・肩甲骨の動き方によって胸椎の動く部位は異なる。

・常に骨盤を手前に傾ける。

 

 

プライベートレッスンのスケジュールは随時更新しております。

下記カレンダーにてスケジュールを確認後、ご予約フォームにてご予約をお願い致します。

 

スケジュールカレンダー

読み込み中... 読み込み中...

 

 

ご予約フォーム

 

 

この記事を書いた人

Daisuke

広島県福山市出身。小学校から社会人にかけてバスケットボールを続けてきました。高校生の時に人の役に立つ仕事に就きたいという思いと部活のトレーナーが理学療法士であることもあり、理学療法士を志す。2011年、理学療法士免許習得。総合病院、整形外科病院在籍中にピラティス、ヨガに出会う。2017年ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナーを習得。現在、理学療法士として臨床現場とインストラクターとして活躍中。
また、母の死を機に「病気になる前の予防の重要性」を悟り、『病気に囚われない予防の実現』を人生のテーマに日々邁進している。

2011年 専門学校川崎リハビリテーション学院卒業、理学療法士免許取得(国家資格)

2012年 SJF基礎コース修了

2013年 運動連鎖道場修了

2014年 予防運動アドバイザー習得、エボリューションウォーキング養成コース修了

2016年 アシュタンガヨガ プライマリーシリーズTT修了(Ken harakuma)

2017年 FRピラティスマスタートレーナー・側弯トレーナー取得(中村尚人)、アシュタンガヨガ インターミディエイトシリーズTT修了(Ken harakuma)、DNA Aコース修了

2018年 triyoga Basic受講中(Eva-Maria Beck)

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました