見て学ぶピラティスエクササイズ〜ブリッジ〜

こんにちは。

身体コンディショニングセラピスト&理学療法士として広島県福山市を中心に活動していますCompassesのDaisukeです。

 

『見て学ぶピラティスエクササイズ』

 

ピラティスエクササイズはどんなエクササイズなのか?

 

ヨガであればポーズの写真をみたことがあるかもしれませんが、ピラティスは実際になめらかに・しなやかにフローの状態で動き続けるので写真では理解しにくい部分もあると思います。

 

今回はFRピラティスのエクササイズ動画をyoutubeチャンネルであげているものご紹介します。

 

ブリッジ

目的:後面筋の動きと体幹の伸長を促す。

 

【ブリッジ】ピラティス in 福山

 

ハムストリングスの作用と大殿筋の作用

出典:グレイ解剖学

まずは、ハムストリングスは「大腿二頭筋(長頭・短頭)」と半膜様筋と半腱様筋という4つの筋肉で構成されています。これらハムストリングスの付着部は坐骨結節であり停止部は脛骨や大腿骨の遠位部です。大殿筋は腰背腱膜や仙骨、尾骨に付着し、停止部は腸脛靭帯や大腿骨の殿筋粗面に停止しています。

 

 

要はハムストリングスは股関節を単独に伸展(大腿骨を後ろに動かす動き)しますが、大殿筋は単独に股関節を伸展せず、腰の伸展も伴います。

 

 

このハムストリングスを使用するために必要なことは腹斜筋による骨盤の安定性を高めることです。

 

 

大殿筋は歩行中で踵が地面に着いた瞬間に働くため、立っている姿勢では普段は収縮が入っておらず、入っていたとすれば、身体が前傾姿勢になっているということになります。

 

 

ヒトはゴリラの様に殿筋は大きくないし、長くもありません。

 

 

筋肉は必要性に応じて大きくなり、また小さくなります。

 

 

使う部分はより大きく、使わない部分は小さくなっていきます。

 

 

ブリッジというエクササイズでは、この大殿筋ではなく、ハムストリングスを主に使用していきます。

 

 

後面筋の作用

後面筋には脊柱を伸展させる「脊柱起立筋」と脊柱の弯曲を保持する「多裂筋」があります。

 

 

 

脊柱の弯曲の一を保持するには多裂筋が働き、より伸展をしていく際には脊柱起立筋が働きます。

 

 

ブリッジの注意点

 

 

両膝が開かない様にする。

→膝が開くと大殿筋が入る。

 

 

常に呼吸は止まらない。

 

 

ファンクショナルローラーピラティスベーシックインストラクター養成コースについて

 

現在広島県福山校では9月に第4期ファンクショナルローラーピラティス ベーシックインストラクター養成コースの受付が始まっています。

詳細は下記の画像をクリックしてご確認ください。

 

 

まとめ

 

まとめ

・頸・首のスペースを潰さない。

・骨盤を手前に傾ける。

 

 

プライベートレッスンのスケジュールは随時更新しております。

下記カレンダーにてスケジュールを確認後、ご予約フォームにてご予約をお願い致します。

 

スケジュールカレンダー

読み込み中... 読み込み中...

 

 

ご予約フォーム

 

 

この記事を書いた人

Daisuke

広島県福山市出身。小学校から社会人にかけてバスケットボールを続けてきました。高校生の時に人の役に立つ仕事に就きたいという思いと部活のトレーナーが理学療法士であることもあり、理学療法士を志す。2011年、理学療法士免許習得。総合病院、整形外科病院在籍中にピラティス、ヨガに出会う。2017年ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナーを習得。現在、理学療法士として臨床現場とインストラクターとして活躍中。
また、母の死を機に「病気になる前の予防の重要性」を悟り、『病気に囚われない予防の実現』を人生のテーマに日々邁進している。

2011年 専門学校川崎リハビリテーション学院卒業、理学療法士免許取得(国家資格)

2012年 SJF基礎コース修了

2013年 運動連鎖道場修了

2014年 予防運動アドバイザー習得、エボリューションウォーキング養成コース修了

2016年 アシュタンガヨガ プライマリーシリーズTT修了(Ken harakuma)

2017年 FRピラティスマスタートレーナー・側弯トレーナー取得(中村尚人)、アシュタンガヨガ インターミディエイトシリーズTT修了(Ken harakuma)、DNA Aコース修了

2018年 triyoga Basic受講中(Eva-Maria Beck)

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました