見て学ぶピラティスエクササイズ〜オールフォアーズ オンローラー〜

こんにちは。

身体コンディショニングセラピスト&理学療法士として広島県福山市を中心に活動していますCompassesのDaisukeです。

 

『見て学ぶピラティスエクササイズ』

 

ピラティスエクササイズはどんなエクササイズなのか?

 

ヨガであればポーズの写真をみたことがあるかもしれませんが、ピラティスは実際になめらかに・しなやかにフローの状態で動き続けるので写真では理解しにくい部分もあると思います。

 

今回はFRピラティスのエクササイズ動画をyoutubeチャンネルであげているものご紹介します。

 

オールフォアーズ オンローラー

目的:正中化。

【オールフォアーズ オンローラー】ピラティス in 福山

 

正中化とは?

身体の正中とは前後・左右を通してバランスが取れている状態なのですが、身体全体の質量間でバランスが取れているというよりは、関節の位置関係の視点から関節が正中に位置している場合を言います。

 

 

ヒトは二足歩行をしており、この正中化が不十分である場合、片脚立位が取れないため効率的に移動ができない他、重力に抗して身体を起こし続けることが難しくなります。

 

 

正中化とは、関節のニュートラリゼーションであり、左右・前後バランスが取れている位置であるということです。

 

 

オールフォアーズは四つ這いのエクササイズですが、それぞれの四肢を体の「幹」と「枝葉」と捉えて行うことにより、体幹筋(正中化させる筋肉)の活性化につながります。

 

 

この体幹筋を働かせるためには、関節がニュートラルである必要があり、関節のロッキングが起こっていない状態が必要条件になります。

 

 

このオールフォアーズでも肘のロッキングを起こしてしまうと体幹筋は収縮が入りにくい状態となってしまうため、注意して行ってください。

 

正中化のために必要なこと

 

正中化のために必要なことはなんなのでしょうか?

 

 

もちろんできるだけ左右均等な筋肉のバランスや骨格の形態が必要なことも確かです。

 

 

しかし、これは物質的な部分であり、姿勢が変われば一概に左右均等が正中化とは言いにくい部分があります。

 

 

まず、「正中化」という作用はどんな時に必要とされるでしょうか。

 

 

一つは座っている姿勢や立っている姿勢など左右対象である態勢。

 

 

もう一つは片脚立ちなど左右非対称な態勢。

 

 

このどちらでも「正中化」という作用は必要とされます。

 

 

姿勢の中でも正中化ができていなければ次の動作への移行の際に非効率になってしまうことがあります。

 

 

また、比較解剖学的な視点から言えば、大腿骨の頚体角は類人猿に比べてヒトは大きいですから、股関節でも内転が大きく可能になり、片脚立位が可能になっています。

 

 

正中化のために必要な要素はどんな時でも(どんな態勢でもどんな動きでも)正中と自分の身体の位置との比較と常に行い、感覚フィードバックを経て自己修正していくことです。この自己修正の中で正中化に必要な筋肉を活性化させコントロールしていくことです。

 

 

つまりは、その修正を行わず、「慣れ」として「正中」から逸脱していくと「関節の可動域の左右差」や「筋力の左右差」が生じてしまいます。使わない筋肉は廃用(disuse)を起こし、徐々に身体は自分の身体を誤用(misuse)してしまいます。また、それを補おうとある箇所が代償しすぎると今度は過用(overuse)を引き起こします。

こうなると身体のトラブルの原因となりかねません。

 

 

この正中という感覚をフォームローラーで意識しながら行ってみてください。

 

まとめ

・感覚フィードバックは正中化の要。

・正中からの逸脱は「廃用」、「誤用」、「過用」の原因になりかねない。

 

 

プライベートレッスンのスケジュールは随時更新しております。

下記カレンダーにてスケジュールを確認後、ご予約フォームにてご予約をお願い致します。

 

スケジュールカレンダー

読み込み中... 読み込み中...

 

 

ご予約フォーム

 

 

この記事を書いた人

Daisuke

広島県福山市出身。小学校から社会人にかけてバスケットボールを続けてきました。高校生の時に人の役に立つ仕事に就きたいという思いと部活のトレーナーが理学療法士であることもあり、理学療法士を志す。2011年、理学療法士免許習得。総合病院、整形外科病院在籍中にピラティス、ヨガに出会う。2017年ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナーを習得。現在、理学療法士として臨床現場とインストラクターとして活躍中。
また、母の死を機に「病気になる前の予防の重要性」を悟り、『病気に囚われない予防の実現』を人生のテーマに日々邁進している。

2011年 専門学校川崎リハビリテーション学院卒業、理学療法士免許取得(国家資格)

2012年 SJF基礎コース修了

2013年 運動連鎖道場修了

2014年 予防運動アドバイザー習得、エボリューションウォーキング養成コース修了

2016年 アシュタンガヨガ プライマリーシリーズTT修了(Ken harakuma)

2017年 FRピラティスマスタートレーナー・側弯トレーナー取得(中村尚人)、アシュタンガヨガ インターミディエイトシリーズTT修了(Ken harakuma)、DNA Aコース修了

2018年 triyoga Basic受講中(Eva-Maria Beck)

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました