見て学ぶピラティスエクササイズ〜チェストリフト〜

こんにちは。

個性・骨格に適したヨガ・ピラティスのインストラクター、理学療法士として広島県福山市を中心に活動していますCompassesのDaisukeです。

 

『見て学ぶピラティスエクササイズ』

 

ピラティスエクササイズはどんなエクササイズなのか?

 

ヨガであればポーズの写真をみたことがあるかもしれませんが、ピラティスは実際になめらかに・しなやかにフローの状態で動き続けるので写真では理解しにくい部分もあると思います。

 

今回はFRピラティスのエクササイズ動画をyoutubeチャンネルであげているものご紹介します。

 

チェストリフト

目的:胸椎の動きを促す、腹部の安定化。

 

【チェストリフト】 ピラティス in 福山

 

 

腹部の安定化とは?

 

「腹部を安定化」させるということは、決して腹部筋を固く収縮させるというわけではありません。

 

下記の図のように、肩甲骨を前方突出・上方回旋させる「前鋸筋」という筋肉は腹部の「外腹斜筋」と連結し、この外腹斜筋は反対側の「内腹斜筋」と筋連結を呈しています。

 

では腹部を安定化させるために必要な要素とは…

 

つまり肩甲骨の前方突出という前鋸筋の収縮が入っている肢位になります。

 

この前鋸筋−外腹斜筋−内腹斜筋という筋連結があるからこそ、身体を重力に抗して起こしていく際に肩甲骨の組織化(安定化:下制・外転)に伴い腹部が安定化してくるということになります。

 

では、チェストリフトとは?

 

チェストリフトというエクササイズでも常に肩甲骨の前方突出・上方回旋という動きを出す「前鋸筋」をコントロールし、腹部の安定化を保ちながら胸椎の動きを促しています。

 

逆に腹部の安定化ができていなければ、頭を降ろしていく際に腰が反ってしまい、胸椎の動きを促すことはできません。

 

胸椎の動きをなぜ出していかなければならないかというと、それはロコモーションというヒトが獲得した移動手段によります。

 

ヒトの歩行は胸椎の回旋を始めとする脊柱のカップリングモーションが非常に重要になります。

 

効率的に移動するためには胸椎の柔軟性は必要不可欠になります。

 

まとめ

 

肩甲骨の動き−胸椎の柔軟性−腹部の安定化

は切っても切れない関係であり、お互いがお互いを強調し、補完し合っています。

 

動きが必要な部位と安定化が必要な部位をしっかりと見極めてエクササイズを行ってみてください。

 

プライベートレッスンのご予約は随時行っています。

下記のカレンダーにて日程をご確認後、ご予約フォームよりご予約ください。

 

スケジュールカレンダー

読み込み中... 読み込み中...

 

 

ご予約フォーム

 

 

この記事を書いた人

Daisuke

広島県福山市出身。小学校〜社会人にかけてバスケットボールを続けてきました。高校生の時に人の役に立つ仕事に就きたいという思いと部活のトレーナーが理学療法士であることもあり、理学療法士を志す。2011年、理学療法士免許習得。総合病院、整形外科病院在籍中にピラティス、ヨガに出会う。2017年ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナーを習得。現在、理学療法士として臨床現場とインストラクターとして活躍中。
また、母の死を機に「病気になる前の予防の重要性」を悟り、『病気に囚われない予防の実現』を人生のテーマに日々邁進している。

2011年 専門学校川崎リハビリテーション学院卒業、理学療法士免許取得(国家資格)

2012年 SJF基礎コース修了

2013年 運動連鎖道場修了

2014年 予防運動アドバイザー習得、エボリューションウォーキング養成コース修了

2016年 アシュタンガヨガ プライマリーシリーズTT修了(Ken harakuma)

2017年 FRピラティスマスタートレーナー・側弯トレーナー取得(中村尚人)、アシュタンガヨガ インターミディエイトシリーズTT修了(Ken harakuma)、DNA Aコース修了

2018年 triyoga Basic受講中(Eva-Maria Beck)

コメント

タイトルとURLをコピーしました