『見て学ぶピラティスエクササイズ〜スパインツイスト〜』

こんにちは。

個性・骨格に適したヨガ・ピラティスのインストラクター、理学療法士として広島県福山市を中心に活動していますCompassesのDaisukeです。

 

『見て学ぶピラティスエクササイズ』

ピラティスエクササイズはどんなエクササイズなのか?

 

ヨガであればポーズの写真をみたことがあるかもしれませんが、ピラティスは実際になめらかに・しなやかにフローの状態で動き続けるので写真では理解しにくい部分もあると思います。

 

今回はFRピラティスのエクササイズ動画をyoutubeチャンネルであげているものご紹介します。

 

スパインツイスト

【スパインツイスト】ピラティス in 福山

 

目的:胸椎の動きを促す。

 

 

脊柱全体の動きの特徴として、「カップリングモーション」というものがあります。

この脊柱の連動した動きは歩行にとって非常に重要な動きになります。

 

 

「カップリングモーション」が何なのか?という部分をご紹介したいと思います。

背骨には弯曲(カーブ)が3つ存在します。

下の図では横から背骨を見た図になるので頸・胸・腰にそれぞれ弯曲が見られます。

一方前後から見た場合は背骨は一直線なのですが、背骨が回旋(捻れる事)することにより前後からみた時も左右への弯曲(カーブ)が出現します。

これを脊柱のカップリングモーションといいます。

 

出典:グレイ解剖学より

背骨は回旋という動きに伴って、前もしくは後ろから見た場合、胸椎と腰椎の弯曲が反対になるということです。

 

 

これは胸椎と腰椎の関節面の形状の違いによるものです。

 

 

例)背骨を右に回旋すると、胸椎は右に側屈し腰椎は左に側屈する。

 

 

このカーブがなくなるとどうなるのでしょうか?

背骨は弯曲があることで歩くときの衝撃を背骨全体で吸収しています。

ヒトにはこのカーブが成長発達の過程で頸・胸・腰に形成されてきます。

つまり背骨にカーブは3つある。

 

 

もしこのカーブが2つになってしまったら…

脊柱の弯曲と衝撃吸収に耐えうる力を公式で表すと

N=X2+1

という公式が成り立ちます。(Xは弯曲の数)

 

 

脊柱の弯曲が3つだとN=10、弯曲が2つだとN=5になり、弯曲が3つの場合と2つの場合を比較するとこれだけ衝撃に耐えうる能力に差が出てくるということになります。

 

 

要はこの弯曲は衝撃吸収において非常に重要な役割を果たしているということになります。

 

 

歩くときの床反力に加えて、頭蓋骨(大体成人で5kg以上)が背骨の天辺からのしかかってくるのでこのカーブの重要性が感じれると思います。

 

加えて昨日のブログにも書きましたが、

「胸椎は回りに肋骨が存在し、胸郭を構成しているため、硬くなりやすい。しかし、頸部や腰部は回りに肋骨のような安定機構がないため、筋肉で安定性を高めなければならない(言い方を変えると不安定になりやすい)。」

 

 

なので、

 

 

カップリングモーションを起こしていくべきなのですが、肋骨に構成されている胸郭が硬ければのカップリングモーションは起こりにくく、胸郭自体の硬さが出てしまうとその柔軟性がないため歩行時の衝撃が吸収できす、隣接している頸部や腰部への負担が増してしまいます。

 

 

さらに昨日のブログで

「人の骨格上の特徴からその機能自体を最大限に活かすこととと、機能が衰えやすい部分を補い、かつ効率的な姿勢や動きにつなげていくエクササイズがピラティスです。」

 

 

と述べましたが、機能を最大限に活かすために必要な要素は胸椎・胸郭の柔軟性と背骨のカップリングモーションになります。

 

 

常に使い続けなければならない部分があるとすれば、そこにはコリができ、張り感が出現するでしょう。

リセットすることも十分大切です。それに加えて「ある一定の部位を使い続けること」ではなく全体的なバランスをとりながら動いていく必要があります。

 

 

結果的にこれがピラティスの要素である『効率的な動き』、『動きの統合』ということになります。

 

 

自分の身体のどこが使えていて、どこが使いにくいのかという自覚化ができれば、症状への対処も現在進行形でできます。

 

 

スパインツイストはこのカップリングモーション、胸部の柔軟性向上、腰部の安定化を促すことができます。

 

 

動画をみながら取り組んでみてくださいね!

 

 

プライベートレッスンのご予約は随時行っています。

下記のカレンダーにて日程をご確認後、ご予約フォームよりご予約ください。

 

スケジュールカレンダー

読み込み中... 読み込み中...

 

 

ご予約フォーム

 

 

この記事を書いた人

Daisuke

広島県福山市出身。小学校〜社会人にかけてバスケットボールを続けてきました。高校生の時に人の役に立つ仕事に就きたいという思いと部活のトレーナーが理学療法士であることもあり、理学療法士を志す。2011年、理学療法士免許習得。総合病院、整形外科病院在籍中にピラティス、ヨガに出会う。2017年ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナーを習得。現在、理学療法士として臨床現場とインストラクターとして活躍中。
また、母の死を機に「病気になる前の予防の重要性」を悟り、『病気に囚われない予防の実現』を人生のテーマに日々邁進している。

2011年 専門学校川崎リハビリテーション学院卒業、理学療法士免許取得(国家資格)

2012年 SJF基礎コース修了

2013年 運動連鎖道場修了

2014年 予防運動アドバイザー習得、エボリューションウォーキング養成コース修了

2016年 アシュタンガヨガ プライマリーシリーズTT修了(Ken harakuma)

2017年 FRピラティスマスタートレーナー・側弯トレーナー取得(中村尚人)、アシュタンガヨガ インターミディエイトシリーズTT修了(Ken harakuma)、DNA Aコース修了

2018年 triyoga Basic受講中(Eva-Maria Beck)

コメント

タイトルとURLをコピーしました