第3期FRピラティスベーシック養成コース(福山市ものづくり交流館)

こんにちは。広島県福山で個性・骨格に適切なヨガ・ピラティスのインストラクター、理学療法士として活動していますDaisukeです。

本日は福山市ものづくり交流館第3期FRピラティスベーシックインストラクター養成コースの初日でした。

 

 

FRピラティスとは?

ファンクショナル ローラー ピラティスとはピラティスイクイップメントの要素と気軽にどこでもできる要素を兼ね備えたグリッポンという器具を使用し行うピラティスです。

理学療法士が創始していますので解剖学的な視点(比較解剖学)や動きの連鎖・連動といった運動学に特化した内容が豊富です。

ヒトが本来持っている骨格を最大限に使いこなす知恵がたくさん詰め込まれています。これは比較解剖学という類人猿とヒトを比較し、導き出されている知見なのでヒトの動きを基礎から理解しながら学ぶことができるピラティスです。

youtube動画でもエクササイズの様子がわかりますので見てみてください。

youtube動画はこちらから。↓↓

【マーメイド】ピラティス in 福山・広島(FRP)

 

 

第3期ベーシック養成コースについて

今回は5名の方々に参加していただいています。

マスタートレーナーとして講師をさせていただいていますが、本当に勉強熱心の方々ばかりだなというのか直感として感じたことです。

初日ですので、FRピラティスの理解や解剖学や動きの知恵をシェアさせていただき、エクササイズにも入っていっています。

ペアワークの中でもピラティスの基本原則に則り各々の修正点をシェアしたり、自分の身体のコントロールについて探求される姿が常にあり僕も常に刺激的な時間を過ごさせていただきました。

「まずは、自分自信の身体の理解を深めて自分自信の身体を大切にする。」

僕の中ではこれが今回のテーマです。

また、1週間後にベーシックインストラクター養成コースの後半があります。

しっかりと動いてご自身の身体を感じていただき、FRピラティスをシェアしていけたらと思います。

 

本日ご参加くださった皆様お疲れ様でした。

1週間後もよろしくお願いします。

 

 

ご予約フォーム

 

この記事を書いた人

 Daisuke

2011年、理学療法士免許習得。総合病院、整形外科病院在籍中にピラティス、ヨガに出会う。2017年ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナーを習得。現在、理学療法士として臨床現場とインストラクターとして活躍中。
また、母の死を機に「病気になる前の予防の重要性」を悟り、予防医学の実現を人生のテーマに日々邁進している。

2011年 理学療法士免許取得(国家資格)

2016年 アシュタンガヨガ プライマリーシリーズTT修了(Ken harakuma)

2017年 FRピラティスマスタートレーナー・側弯トレーナー取得(中村尚人)、アシュタンガヨガ インターミディエイトシリーズTT修了(Ken harakuma)

2018年 triyoga Basic受講中(Eva-Maria Beck)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました