『機能障害と関節 VOL2〜ピラティスの視点から〜』

身体コンディショニングセラピスト&パーソナルトレーナー・理学療法士として広島県福山市を中心に活動していますCompasses yoga & pilatesのDaisukeです。

広島県福山市を中心に

姿勢の改善や身体の使い方の改善

ご自身の骨格に合わせた身体の使い方の習得による痛みの改善やパフォーマンス向上

怪我の予防

ダイエットサポート

痛みの改善 をご自宅への訪問形式にて実施しています。

レッスンに必要なのは、動きやすい服装と、飲み物…あれば十分です!

ホームページではレッスンの内容や料金について詳細がわかりますので、この記事の最後の「ホームページはこちら↓↓をクリック」からのぞいてみてください。

 

『なぜ関節機能が障害されるのか?』

ピラティスの視点から関節というものを捉えてみたいと思います。

 

  身体の機能として、負担がかかりすぎると「炎症」が現れ組織の回復に身体が努めます。

 

  この負担がかかりやすい部位は障害を受けてしまいやすいことになります。

 

 

 

  身体の動きを司っているのは昨日もあげましたが「関節」になります。

 

  地球上には重力があるため、例えば上に伸びる時には同時に下に押す力が必要になります。

 

  これはテンセグリティと言います。

 

  この力の分岐点には両サイドに力が加わっているので、両サイドの動きが大きくなると歪みが大きくなり結果的に炎症を過負荷となり、機能障害になるケースがあります。

 

  身体の例でいうと、背骨はカップリングモーションといって、回旋の動きに伴い、S字弯曲が形成され、歩行時の衝撃吸収を行う役割を脊柱自体が持っています。

 

  ただ、脊柱の回旋という動きは歩行という移動動作の際にリズミカルに左右交互に行われ、歩行もエネルギーを前方へと推進させているものです。

 

  身体では脊柱の回旋に伴い、上肢や下肢でそれぞれ推進力が前方に変換されるように脊柱とは逆方向に回旋をしている部位があります。

 

  脊柱単独で考えた場合、下部では腰部と仙骨の移行部である腰仙関節(腹斜筋の作用をみてもわかるが、脊柱と骨盤帯の回旋は逆となる)、上部では頸部と胸部の移行部(Th4もしくはその上下部位)の部位にて歪みが大きくなりやすくなります。

 

  そのため、関節の歪みもこの部位で起こりやすくなります。

 

  この歪みを起こさないようにするのがインナーマッスルの役割でもあります。

 

  インナーマッスルは関節をニュートラルに保持する役割があるので、歪まないようにコントロールすることができます。

 

  ではどのようにコントロールするのか…という部分を明日は動画を見ながら解説して行きたいと思います。

 

ピラティスの実際の動きを見ながら歪みが起こりやすい部分をいかにコントロールするかが重要になります。 この歪みによって、痛みやしびれ感といった身体の不調につながってきます。  

 

それではまた明日!  

『お知らせ』

※プライベートレッスンのスケジュールは随時更新しております。 ※下記カレンダーにてスケジュールを確認後、ご予約フォームにてご予約をお願い致します。

スケジュールカレンダー

1月のスケジュールを更新しています。

読み込み中... 読み込み中...

 

ご予約フォーム

エクササイズ動画

 

この記事を書いた人

Daisuke

・理学療法士(国家資格)
・ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナー
・Yoga Teacher(Ashtanga yoga、Triyoga、3A`s)
・予防運動アドバイザー
・歩行インストラクター
広島県福山市出身。小学校から社会人にかけてバスケットボールを続けてきました。高校生の時に人の役に立つ仕事に就きたいという思いと部活のトレーナーが理学療法士であることもあり、理学療法士を志す。2011年、理学療法士免許習得。総合病院、整形外科病院在籍中にピラティス、ヨガに出会う。2017年ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナーを習得。現在、理学療法士として臨床現場とインストラクターとして活躍中。 また、母の死を機に「病気になる前の予防の重要性」を悟り、『病気に囚われない予防の実現』を人生のテーマに日々邁進している。
2011年 専門学校川崎リハビリテーション学院卒業、理学療法士免許取得(国家資格)
2012年 SJF基礎コース修了
2013年 運動連鎖道場修了
2014年 予防運動アドバイザー習得、エボリューションウォーキング養成コース修了
2016年 アシュタンガヨガ プライマリーシリーズTT修了(Ken harakuma)
2017年 FRピラティスマスタートレーナー・側弯トレーナー取得(中村尚人)、アシュタンガヨガ インターミディエイトシリーズTT修了(Ken harakuma)、DNA Aコース修了
2018年 Triyoga Basic(Eva-Maria Beck & Santoshi Devi)修了
 

ホームページはこちら↓↓の画像をクリック

 

 

『機能不全と関節』VOL1

身体コンディショニングセラピスト&パーソナルトレーナー・理学療法士として広島県福山市を中心に活動していますCompasses yoga & pilatesのDaisukeです。

広島県福山市を中心に

姿勢の改善や身体の使い方の改善

ご自身の骨格に合わせた身体の使い方の習得による痛みの改善やパフォーマンス向上

怪我の予防

ダイエットサポート

痛みの改善 をご自宅への訪問形式にて実施しています。

レッスンに必要なのは、動きやすい服装と、飲み物…あれば十分です!

ホームページではレッスンの内容や料金について詳細がわかりますので、この記事の最後の「ホームページはこちら↓↓をクリック」からのぞいてみてください。

『動きの滑らかさ』

体を動かす時にその滑らかさや動きの大きさはパフォーマンスやスポーツの中では特に重要視されます。

 

日常的な動きの中でもダイナミックな動きはないことはありませんが、競技や舞台でのパフォーマンスでは日常的な動きからさらに大きな動きが必要であったり、また逆に日常的でないがために体への負担を大きくしてしまうこともあります。

 

靭帯や関節自体の柔らかさなど個性によるものもありますが、ヒトとしての体(骨格や筋肉)の特徴を知っているだけでも、必要な動きの大きさやまた滑らかさを自分で調整することができます。

 

ではこの動きに関わっているものは何なのでしょうか?

 

今回はコントロールするという視点ではなく、何をコントロールしようとしているのか、その特徴についてです

 

。 例えて言えば、車をどう運転するかではなく、車の構造や特徴について知るという感覚で読んでみてください。  

 

『体の動きを司る関節』

ここで全身の関節の部位と数を挙げていきます。

 

関節には可動関節という実際に動きがある関節(滑膜関節)と、不動関節という動きがない関節(線維性の関節)、少し動きのある軟骨性の関節があります。

 

ここでは可動性の関節を主に挙げていきます。

上肢

【肩複合体】3個

・肩甲窩上腕関節

・肩鎖関節

・胸鎖関節

【肘部】3個

・腕尺関節

・腕橈関節

・近位(上)橈尺関節

【手部】32個

・遠位(下)橈尺関節

・橈骨手根関節

・手根骨

(豆状骨−三角骨、三角骨−月状骨、月状骨−舟状骨、三角骨−有鈎骨、月状骨−有頭骨、舟状骨−有頭骨、舟状骨−小菱形骨、舟状骨−大菱形骨、有鈎骨−有頭骨、有頭骨−小菱形骨、小菱形骨−大菱形骨)

・手根中手関節

(第1:第1中手骨−大菱形骨、第2:第2中手骨底−大菱形骨・小菱形骨・有頭骨の遠位面、第3:第3中手骨底−有頭骨の遠位面、第4:第4中手骨底−有頭骨・有鈎骨、第5:第5中手骨底と有鈎骨の遠位面)  

・中手指節関節(MP関節:Metacarpophalangeal joint)

(第1〜第5:それぞれ中手骨と基節骨)  

・手の指節間関節(IP関節:Interphalangeal joint)

(近位指節間関節:第2〜第5:基節骨−中節骨)

(遠位指節間関節:第2〜第5中節骨−末節骨)

※母指は1つのみ。

 

下肢

【股部】1個

・股関節

【膝部】3個

・脛骨大腿関節

・膝蓋大腿関節

・近位脛腓関節

【足部】30個

・遠位脛腓関節

・距腿関節

・距骨下関節(距踵関節)

・距踵舟関(ショパール関節:踵−立方骨、距骨の前・中距骨関節面−踵骨の前・中踵骨関節面)

・踵立方関節

・楔舟関節(舟状骨−第1楔状骨、舟状骨−第2楔状骨、舟状骨−第3楔状骨)

・楔間関節(第1楔状骨−第2楔状骨、第2楔状骨−第3楔状骨)

・楔立方骨関節(立方骨−第3楔状骨)

・足根中足関節(足根骨遠位−第1〜第5中足骨底)

・中足間関節(第1中足骨−第2中足骨、第2中足骨−第3中足骨、第3中足骨−第4中足骨、第4中足骨−第5中足骨)

・中足指節間関節(第1〜5中足骨頭−第1〜第5基節骨底)

・足の指節間関節(第1基節骨頭−第1末節骨底、第2〜第5基節骨頭−第2〜第5中節骨底、第2〜第5中節骨頭−第2〜第5末節骨底)

 

脊柱

【頸部】9個

・環椎後頭関節(C0/C1)

・環軸関節(外側環軸関節、正中環軸関節)(C1/C2)

・環椎椎間関節(C2/C3、C3/C4、C4/C5、C5/C6、C6/C7、C7/Th1)

【胸部】34個

・胸椎椎間関節(Th1/Th2、Th2/Th3、Th3/Th4、Th4/Th5、Th5/Th6、Th6/Th7、Th7/Th8、Th8/Th9、Th9/Th10、Th10/Th11、Th11/Th12、Th12/L1)

・肋横突関節(第1〜12肋骨結節関節面-第1〜12横突肋骨窩)

・胸肋関節(第1〜7肋軟骨-胸骨肋骨切痕•胸骨柄と胸骨体の接合部)

・肋軟骨関節(第6〜9肋骨)

【腰部・骨盤帯】6個

・腰椎椎間関節(L1/L2、L2/L3、L3/L4、L4/L5)

・腰仙関節(L5/S1)

・仙腸関節

 

これらは片側の数のなので、2倍すると(正中環軸椎関節は1つなので1とカウントしています)

121個×2−1=241個になります(足りていない箇所があればすみません)。

この関節が動くことで体が動くわけですが、意識的に1つ1つを動かすということは多分誰しもしていないことだと思います。

身体を動かす時は連動して動くのですが、その連動がうまくいかなくなったり、繋がりが滞ってしまうと、関節の生理運動が阻害されているかもしくはニュートラルから逸脱した動きとなり、一定の方向性に変位的な動きになってしまうために疼痛やしびれ感といった症状が出現してしまうこともあります。

 

次回からはこの関節の動きが阻害された時の症状やその部位とセルフメンテナンスしていくためにはどのような動きが必要なのかを掲載していきます。

 

 

『お知らせ』

※プライベートレッスンのスケジュールは随時更新しております。 ※下記カレンダーにてスケジュールを確認後、ご予約フォームにてご予約をお願い致します。

スケジュールカレンダー

1月のスケジュールを更新しています。

読み込み中... 読み込み中...

 

ご予約フォーム

エクササイズ動画

 

この記事を書いた人

Daisuke

・理学療法士(国家資格)
・ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナー
・Yoga Teacher(Ashtanga yoga、Triyoga、3A`s)
・予防運動アドバイザー
・歩行インストラクター
広島県福山市出身。小学校から社会人にかけてバスケットボールを続けてきました。高校生の時に人の役に立つ仕事に就きたいという思いと部活のトレーナーが理学療法士であることもあり、理学療法士を志す。2011年、理学療法士免許習得。総合病院、整形外科病院在籍中にピラティス、ヨガに出会う。2017年ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナーを習得。現在、理学療法士として臨床現場とインストラクターとして活躍中。 また、母の死を機に「病気になる前の予防の重要性」を悟り、『病気に囚われない予防の実現』を人生のテーマに日々邁進している。
2011年 専門学校川崎リハビリテーション学院卒業、理学療法士免許取得(国家資格)
2012年 SJF基礎コース修了
2013年 運動連鎖道場修了
2014年 予防運動アドバイザー習得、エボリューションウォーキング養成コース修了
2016年 アシュタンガヨガ プライマリーシリーズTT修了(Ken harakuma)
2017年 FRピラティスマスタートレーナー・側弯トレーナー取得(中村尚人)、アシュタンガヨガ インターミディエイトシリーズTT修了(Ken harakuma)、DNA Aコース修了
2018年 Triyoga Basic(Eva-Maria Beck & Santoshi Devi)修了
 

ホームページはこちら↓↓の画像をクリック

 

 

予防が必要な背景

身体コンディショニングセラピスト&パーソナルトレーナー・理学療法士として広島県福山市を中心に活動していますCompasses yoga & pilatesのDaisukeです。

広島県福山市を中心に

姿勢の改善や身体の使い方の改善

ご自身の骨格に合わせた身体の使い方の習得による痛みの改善やパフォーマンス向上

怪我の予防

ダイエットサポート

痛みの改善 をご自宅への訪問形式にて実施しています。

レッスンに必要なのは、動きやすい服装と、飲み物…あれば十分です!

  ホームページではレッスンの内容や料金について詳細がわかりますので、この記事の最後の「ホームページはこちら↓↓をクリック」からのぞいてみてください。  

『どうして予防が必要なのか』

あけましておめでとうございます。

 

新年一発目のブログになります。

 

予防、予防といっても短に感じることってなかなかないですよね。

 

※この予防というのは、「介護予防:介護が必要にならないように予防していくこと」とか「予防接種:外からの事象のみによって行う予防」とかではなく、自分で取り組むことで生涯予防や疾病予防を行っていくということです。

 

  予防は必要なんです。

 

  僕も今まで耳にしてきたことですが、では何がいいのか?本当に必要なのか?という部分が引っかかっていました。

 

  世界的な流れが予防にいっているから…、予防しないと後々困るから…根本的になぜ必要なのかがしっくりくることがなかなかありませんでした。

 

  なので…今年はこれらが少しだけ明確になってきましたので、お伝えする場を作っていければと思います。

 

  今年のいつになるか…予定は定かにはなっていませんが必ず行います。

 

  内容は…

・国の一般会計からみた予防の必要性(厚生省の資料があるものです)

 

・健康である必要性(健康になるためのメソッドではなく必要性をお伝えします)

 

・地域の状況の把握と健康である必要性 +α でやってみようかと思っています。

 

  1人で予防が必要だ!は勝手な独り言で終わってしまうかもしれないけど、国の政策として必要性はもう出ていますし、そこに誰が取り組んでくのかということ、その分野を確立していくことを今年はしっかりと取り組んでいきたいと思います。

 

セミナー楽しみにしていてください!   今年もよろしくお願いいたします。      

『年末年始のお知らせ』

年末年始に関してのお知らせです。 年内は31日までレッスンしております。年始は元旦のみお休みをいただき、その他の日程に関してはいつも通りレッスンをさせていただきますのでよろしくお願い致します。  

『お知らせ』

※プライベートレッスンのスケジュールは随時更新しております。 ※下記カレンダーにてスケジュールを確認後、ご予約フォームにてご予約をお願い致します。

スケジュールカレンダー

1月のスケジュールを更新しています。

読み込み中... 読み込み中...

 

ご予約フォーム

エクササイズ動画

 

この記事を書いた人

Daisuke

・理学療法士(国家資格)
・ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナー
・Yoga Teacher(Ashtanga yoga、Triyoga、3A`s)
・予防運動アドバイザー
・歩行インストラクター
広島県福山市出身。小学校から社会人にかけてバスケットボールを続けてきました。高校生の時に人の役に立つ仕事に就きたいという思いと部活のトレーナーが理学療法士であることもあり、理学療法士を志す。2011年、理学療法士免許習得。総合病院、整形外科病院在籍中にピラティス、ヨガに出会う。2017年ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナーを習得。現在、理学療法士として臨床現場とインストラクターとして活躍中。 また、母の死を機に「病気になる前の予防の重要性」を悟り、『病気に囚われない予防の実現』を人生のテーマに日々邁進している。
2011年 専門学校川崎リハビリテーション学院卒業、理学療法士免許取得(国家資格)
2012年 SJF基礎コース修了
2013年 運動連鎖道場修了
2014年 予防運動アドバイザー習得、エボリューションウォーキング養成コース修了
2016年 アシュタンガヨガ プライマリーシリーズTT修了(Ken harakuma)
2017年 FRピラティスマスタートレーナー・側弯トレーナー取得(中村尚人)、アシュタンガヨガ インターミディエイトシリーズTT修了(Ken harakuma)、DNA Aコース修了
2018年 Triyoga Basic(Eva-Maria Beck & Santoshi Devi)修了
 

ホームページはこちら↓↓の画像をクリック

 

 

『伝える側と受ける側』

身体コンディショニングセラピスト&パーソナルトレーナー・理学療法士として広島県福山市を中心に活動していますCompasses yoga & pilatesのDaisukeです。

広島県福山市を中心に

姿勢の改善や身体の使い方の改善

ご自身の骨格に合わせた身体の使い方の習得による痛みの改善やパフォーマンス向上

怪我の予防

ダイエットサポート

痛みの改善

をご自宅への訪問形式にて実施しています。

  レッスンに必要なのは、動きやすい服装と、飲み物…あれば十分です!   ホームページではレッスンの内容や料金について詳細がわかりますので、この記事の最後の「ホームページはこちら↓↓をクリック」からのぞいてみてください。  

 

『伝える側と受ける側』

レッスンにはレッスンをする側と、レッスンを受ける側の2つの立場があります。

レッスンを受ける側の方はもちろん「変化」に期待されていることも多いと思います。

その変化させたい部分は自分にとって不快な部分であったり困っている部分であったりしていると思います。

その不快な部分は困っている部分はどうしてそのような状態になってしまったのでしょうか…?

勝手になったりはしないはずです。

しかし、その原因についてわからなかったり、気づけなかったりするのでレッスンを受けるという手段に至っていると思います。

原因に対しての気づきやアドバイス、どう改善していくかという部分を指導・誘導していくのがインストラクターや療法士など伝える側が行っていきます。

 

そこから改善・回復に向かって進み、歩んでいけるかどうかは受ける側の姿勢によります。

 

例えば、とても機能性の良いかっこいい車を購入したとしても、その扱い方や保管の仕方がわからなければ宝の持ち腐れになってしまいますね。

 

個人個人ですでにとても素晴らしい、効率的に動くことのできるように進化した骨格を持っているのに、その扱い方がわからなければそれぞれで朽ちていってしまう時間も異なってくるでしょう。

 

受ける側の姿勢もとても大切になりますね。

どう受けて、どうなっていきたいのか。

これがなければ伝える側、受ける側、双方の向かっている方向性が全く定まりません。

 

施術やレッスンを受ける→満足→リピート

から

施術やレッスンを受ける→実践→変化→気付く→アドバイスを受ける

へ。

 

人生の舵取りはオートマチックにしてくれるわけでもなく、誰かが決める訳でもなく自分で舵をとっていけるように。

 

『年末年始のお知らせ』

年末年始に関してのお知らせです。 年内は31日までレッスンしております。年始は元旦のみお休みをいただき、その他の日程に関してはいつも通りレッスンをさせていただきますのでよろしくお願い致します。  

 

『お知らせ』

※プライベートレッスンのスケジュールは随時更新しております。 ※下記カレンダーにてスケジュールを確認後、ご予約フォームにてご予約をお願い致します。

スケジュールカレンダー

1月のスケジュールを更新しています。

読み込み中... 読み込み中...

 

ご予約フォーム

エクササイズ動画

 

この記事を書いた人

Daisuke

・理学療法士(国家資格) ・ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナー ・Yoga Teacher(Ashtanga yoga、Triyoga、3A`s) ・予防運動アドバイザー ・歩行インストラクター 広島県福山市出身。小学校から社会人にかけてバスケットボールを続けてきました。高校生の時に人の役に立つ仕事に就きたいという思いと部活のトレーナーが理学療法士であることもあり、理学療法士を志す。2011年、理学療法士免許習得。総合病院、整形外科病院在籍中にピラティス、ヨガに出会う。2017年ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナーを習得。現在、理学療法士として臨床現場とインストラクターとして活躍中。 また、母の死を機に「病気になる前の予防の重要性」を悟り、『病気に囚われない予防の実現』を人生のテーマに日々邁進している。 2011年 専門学校川崎リハビリテーション学院卒業、理学療法士免許取得(国家資格) 2012年 SJF基礎コース修了 2013年 運動連鎖道場修了 2014年 予防運動アドバイザー習得、エボリューションウォーキング養成コース修了 2016年 アシュタンガヨガ プライマリーシリーズTT修了(Ken harakuma) 2017年 FRピラティスマスタートレーナー・側弯トレーナー取得(中村尚人)、アシュタンガヨガ インターミディエイトシリーズTT修了(Ken harakuma)、DNA Aコース修了 2018年 Triyoga Basic(Eva-Maria Beck & Santoshi Devi)修了
 

ホームページはこちら↓↓の画像をクリック

 

 

2019年1月スケジュール更新

身体コンディショニングセラピスト&パーソナルトレーナー・理学療法士として広島県福山市を中心に活動していますCompasses yoga & pilatesのDaisukeです。

広島県福山市を中心に

姿勢の改善や身体の使い方の改善

ご自身の骨格に合わせた身体の使い方の習得による痛みの改善やパフォーマンス向上

怪我の予防

ダイエットサポート

痛みの改善 をご自宅への訪問形式にて実施しています。

 

レッスンに必要なのは、動きやすい服装と、飲み物…あれば十分です!

 

ホームページではレッスンの内容や料金について詳細がわかりますので、この記事の最後の「ホームページはこちら↓↓をクリック」からのぞいてみてください。

 

『年末年始のお知らせ』

年末年始に関してのお知らせです。 年内は31日までレッスンしております。年始は元旦のみお休みをいただき、その他の日程に関してはいつも通りレッスンをさせていただきますのでよろしくお願い致します。    

 

『2019年1月スケジュール更新!』

来年1月のスケジュールを更新しております!

ご詳細は下記スケジュールカレンダーをご確認ください。

 

『お知らせ』

※プライベートレッスンのスケジュールは随時更新しております。 ※下記カレンダーにてスケジュールを確認後、ご予約フォームにてご予約をお願い致します。  

スケジュールカレンダー

1月のスケジュールを更新しています。

読み込み中... 読み込み中...

 

ご予約フォーム

エクササイズ動画

 

この記事を書いた人

Daisuke

・理学療法士(国家資格) ・ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナー ・Yoga Teacher(Ashtanga yoga、Triyoga、3A`s) ・予防運動アドバイザー ・歩行インストラクター 広島県福山市出身。小学校から社会人にかけてバスケットボールを続けてきました。高校生の時に人の役に立つ仕事に就きたいという思いと部活のトレーナーが理学療法士であることもあり、理学療法士を志す。2011年、理学療法士免許習得。総合病院、整形外科病院在籍中にピラティス、ヨガに出会う。2017年ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナーを習得。現在、理学療法士として臨床現場とインストラクターとして活躍中。 また、母の死を機に「病気になる前の予防の重要性」を悟り、『病気に囚われない予防の実現』を人生のテーマに日々邁進している。 2011年 専門学校川崎リハビリテーション学院卒業、理学療法士免許取得(国家資格) 2012年 SJF基礎コース修了 2013年 運動連鎖道場修了 2014年 予防運動アドバイザー習得、エボリューションウォーキング養成コース修了 2016年 アシュタンガヨガ プライマリーシリーズTT修了(Ken harakuma) 2017年 FRピラティスマスタートレーナー・側弯トレーナー取得(中村尚人)、アシュタンガヨガ インターミディエイトシリーズTT修了(Ken harakuma)、DNA Aコース修了 2018年 Triyoga Basic(Eva-Maria Beck & Santoshi Devi)修了
 

ホームページはこちら↓↓の画像をクリック

 

 

『身体を整えるのは誰のため』

身体コンディショニングセラピスト&パーソナルトレーナー・理学療法士として広島県福山市を中心に活動していますCompasses yoga & pilatesのDaisukeです。

広島県福山市を中心に

姿勢の改善や身体の使い方の改善

ご自身の骨格に合わせた身体の使い方の習得による痛みの改善やパフォーマンス向上

怪我の予防

ダイエットサポート

痛みの改善

をご自宅への訪問形式にて実施しています。

レッスンに必要なのは、動きやすい服装と、飲み物…あれば十分です!

ホームページではレッスンの内容や料金について詳細がわかりますので、この記事の最後の「ホームページはこちら↓↓をクリック」からのぞいてみてください。

『なぜ身体を整える必要があるの?』

身体は周囲の環境に適応したり順応することがありますが、その適応や順応に対して身体や感覚を整えることをどうしてする必要があるのでしょうか?

生きていくには効率がよくていいんじゃないでしょうか?

そもそも整えるってどこに向かって整えることがいいのかな…?

こんなことを考えたことがあります。

 

私たちの身体は常に重力にさらされています。

この重力があるので身体を解釈することができます。

重力の中で身体がどのように適応しているのかを評価することができます。

逆に言うとこの重力があるので、圧迫ストレスというものがかかってきます。

同じものでも一ヶ所に圧迫ストレスがかかると、そのストレスに耐えられるように変化していくか、もしくは壊れる・崩れるといった現象が起こります。

身体の関節では変形は骨棘、壊れるは圧潰ですね。

 

そのため、何かを改善したいといった場合は重力に対しての対応(身体の動かし方、使い方)を整えていく必要があります。

身体の上を支える下の面と点を整えたり、下の土台に対して上の扱い方(乗せ方)を整えると重力に対しての適応が変化してきます。この変化とは重力による圧迫ストレスをコントロールするということですね。

 

 

上の写真では「整えてもらう」でしょうかね。

整えてもらうでは、「重力下での身体」というという概念は含まれていないので、常に重力を考慮した調整が必要になります。

 

重力下で身体がどの位置にあり(自分がどこにいて)、どのポジションがストレスが分散できる位置にいることができるのかを認識し、自己調整を行うことができる。もしくはどの部位の調整が必要かを自己認識できることができれば、必要な調整を自分が選択することができます。

 

そしてどの方向性をもって自分の身体や認識、考えを向けていきたいのかを自分自信で決定することができれば、本当に整えたいものがみえてくるかもしれません。

 

 

『年末年始のお知らせ』

年末年始に関してのお知らせです。

年内は31日までレッスンしております。年始は元旦のみお休みをいただき、その他の日程に関してはいつも通りレッスンをさせていただきますのでよろしくお願い致します。

 

 

『お知らせ』

※プライベートレッスンのスケジュールは随時更新しております。

※下記カレンダーにてスケジュールを確認後、ご予約フォームにてご予約をお願い致します。

 

スケジュールカレンダー

12月のスケジュールを更新しています。

読み込み中... 読み込み中...

 

ご予約フォーム

エクササイズ動画

 

 

 

この記事を書いた人

Daisuke

・理学療法士(国家資格)

・ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナー

・Yoga Teacher(Ashtanga yoga、Triyoga、3A`s)

・予防運動アドバイザー

・歩行インストラクター

広島県福山市出身。小学校から社会人にかけてバスケットボールを続けてきました。高校生の時に人の役に立つ仕事に就きたいという思いと部活のトレーナーが理学療法士であることもあり、理学療法士を志す。2011年、理学療法士免許習得。総合病院、整形外科病院在籍中にピラティス、ヨガに出会う。2017年ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナーを習得。現在、理学療法士として臨床現場とインストラクターとして活躍中。
また、母の死を機に「病気になる前の予防の重要性」を悟り、『病気に囚われない予防の実現』を人生のテーマに日々邁進している。

2011年 専門学校川崎リハビリテーション学院卒業、理学療法士免許取得(国家資格)

2012年 SJF基礎コース修了

2013年 運動連鎖道場修了

2014年 予防運動アドバイザー習得、エボリューションウォーキング養成コース修了

2016年 アシュタンガヨガ プライマリーシリーズTT修了(Ken harakuma)

2017年 FRピラティスマスタートレーナー・側弯トレーナー取得(中村尚人)、アシュタンガヨガ インターミディエイトシリーズTT修了(Ken harakuma)、DNA Aコース修了

2018年 Triyoga Basic(Eva-Maria Beck & Santoshi Devi)修了

 

ホームページはこちら↓↓の画像をクリック

 

 

『対症か機能改善か予防か』

身体コンディショニングセラピスト&パーソナルトレーナー・理学療法士として広島県福山市を中心に活動していますCompasses yoga & pilatesのDaisukeです。

 

広島県福山市を中心に

姿勢の改善や身体の使い方の改善

ご自身の骨格に合わせた身体の使い方の習得による痛みの改善やパフォーマンス向上

怪我の予防

ダイエットサポート

痛みの改善

をご自宅への訪問形式にて実施しています。

 

レッスンに必要なのは、動きやすい服装と、飲み物…あれば十分です!

 

ホームページではレッスンの内容や料金について詳細がわかりますので、この記事の最後の「ホームページはこちら↓↓をクリック」からのぞいてみてください。

 

『対症療法も必要』

ある部位の障害や怪我によって、「炎症(発赤、熱感、腫脹、疼痛、機能障害)」といった症状が出現します。

これらの「症状」に対して対処していくことを対症療法といいます。

 

機能障害とは障害された組織が使いにくくなってしまったり、本来の機能が発揮できないことをいいます。

例えば「膝が痛くて伸ばせない」

この機能障害は一次的なものもあれば、二次的なものもあります。

上記の「膝が痛くて伸ばせない」を一次的なものであるとするならば、二次的なものは「障害膝が伸ばせないから反対側の膝も合わせて曲げてしまい痛くなってしまった」などが考えられます。

なので、単に機能障害といってもどこの部位にどんな機序で起こってしまっているのかを考える必要があります。

 

予防とは一次予防、二次予防、三次予防があります。

一次的予防は障害が起こる前に対処すること。

二次予防は早期発見し対処すること。

三次予防はリハビリテーションといわれ、障害がまた起こらないようにすることです。

そのため、単に予防といってもどの分類に当たるのかを見極めていく必要があります。

 

まとめると、1つだけの視点では不十分に陥ってしまうこともあります。

2つの事柄に対して並行して対処していく必要がある場合や、あるいは3つの事柄に対して並行して対処していく必要がある場合は結構たくさんあると感じています。

 

予防をする!といっても、その部位の機能が十分でなければ改善を見込むことが難しい場合もあります。

逆に対症だけでは、症状が薄れることがあるかもしれませんが、機能的な改善や予防の視点がない場合、同じことを受け続ける必要があります。それは対症であるからです。

 

症状は軽減しても、機能そのものが改善していなければその症状は振り返し出現してくるでしょう。

 

たくさんのメソッドが今はたくさんありますが、どのように自分が使いたいか、どの場面で使いやすいかといった自分の引き出しの選択肢を適切に行うことができるかどうかもとても大切です。

 

1つの視点と色々な視点。

でも、どちらも行き着く先は同じだと思います。ただシンプルに行けるかどうか。1つがシンプルとは限らないし、たくさんがシンプルとも限らない。1つがシンプルのこともあれば、たくさんがシンプルであることもある。

どちらも大切にしてください。

 

 

『年末年始のお知らせ』

年末年始に関してのお知らせです。

年内は31日までレッスンしております。年始は元旦のみお休みをいただき、その他の日程に関してはいつも通りレッスンをさせていただきますのでよろしくお願い致します。

 

『お知らせ』

※プライベートレッスンのスケジュールは随時更新しております。

※下記カレンダーにてスケジュールを確認後、ご予約フォームにてご予約をお願い致します。

 

スケジュールカレンダー

12月のスケジュールを更新しています。

読み込み中... 読み込み中...

 

 

ご予約フォーム

 

 

エクササイズ動画

 

この記事を書いた人

Daisuke

・理学療法士(国家資格)

・ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナー

・Yoga Teacher(Ashtanga yoga、Triyoga、3A`s)

・予防運動アドバイザー

・歩行インストラクター

広島県福山市出身。小学校から社会人にかけてバスケットボールを続けてきました。高校生の時に人の役に立つ仕事に就きたいという思いと部活のトレーナーが理学療法士であることもあり、理学療法士を志す。2011年、理学療法士免許習得。総合病院、整形外科病院在籍中にピラティス、ヨガに出会う。2017年ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナーを習得。現在、理学療法士として臨床現場とインストラクターとして活躍中。
また、母の死を機に「病気になる前の予防の重要性」を悟り、『病気に囚われない予防の実現』を人生のテーマに日々邁進している。

2011年 専門学校川崎リハビリテーション学院卒業、理学療法士免許取得(国家資格)

2012年 SJF基礎コース修了

2013年 運動連鎖道場修了

2014年 予防運動アドバイザー習得、エボリューションウォーキング養成コース修了

2016年 アシュタンガヨガ プライマリーシリーズTT修了(Ken harakuma)

2017年 FRピラティスマスタートレーナー・側弯トレーナー取得(中村尚人)、アシュタンガヨガ インターミディエイトシリーズTT修了(Ken harakuma)、DNA Aコース修了

2018年 Triyoga Basic(Eva-Maria Beck & Santoshi Devi)修了

 

 

ホームページはこちら↓↓の画像をクリック

 

 

 

 

『重力と姿勢、生活と姿勢』

身体コンディショニングセラピスト&パーソナルトレーナー・理学療法士として広島県福山市を中心に活動していますCompasses yoga & pilatesのDaisukeです。

 

広島県福山市を中心に

姿勢の改善や身体の使い方の改善

ご自身の骨格に合わせた身体の使い方の習得による痛みの改善やパフォーマンス向上

怪我の予防

ダイエットサポート

痛みの改善

をご自宅への訪問形式にて実施しています。

 

レッスンに必要なのは、動きやすい服装と、飲み物…あれば十分です!

 

ホームページではレッスンの内容や料金について詳細がわかりますので、この記事の最後の「ホームページはこちら↓↓をクリック」からのぞいてみてください。

 

『重力と姿勢』

姿勢のパターンは沢山ありますが、どのパターンかを判断する材料として、「重力」との相互関係がヒントになります。

 

例えば、骨盤が後傾しているという現状があるとしても、従重力として後傾していまっているのか、抗重力として後傾しているのかでは同じ後傾でも意味合いが変わってきます。

ということは、アプローチとして誘導していく方向も違いますし、身体の上下関係や前後関係も含めてどの方向に誘導していく必要があるのかが変わってきます。

テーピングやインソールなど補助的に使用するものや、ピラティスなどの運動療法でも方向性がどちらなのかを判断することは重要になります。

 

この重力との位置関係を考慮した上で姿勢のパターン化をすると分かりやすくなります。

 

・身体の位置関係で分ける姿勢のパターン

・重力との位置関係で分ける姿勢のパターン

・両者を総合的に見た姿勢のパターン

 

重力との関係性も+αで考察の材料としてみだください。

 

『生活動作と姿勢パターン』

身体は「慣れ」として、自分が置かれている環境に対して適応します。

そのため、環境についてや、その環境に対してどのように適応しようとしているのかという部分を知ることも姿勢を解釈するために必要です。

その環境によっても動作のパターンや姿勢のパターンは異なってきます。

ベッドの上で寝ている時、どちらから光の刺激が多いですか?

どのような姿勢や動作で仕事をしていますか?

などなど…

答えはすでに持っていることが多いです。

そこに気付けるかどうかが非常に重要になります。

 

『年末年始のお知らせ』

年末年始に関してのお知らせです。

年内は31日まで、年始は元旦のみお休みをいただき、その他の日程に関してはいつも通りレッスンをさせていただきますのでよろしくお願い致します。

 

『お知らせ』

※プライベートレッスンのスケジュールは随時更新しております。

※下記カレンダーにてスケジュールを確認後、ご予約フォームにてご予約をお願い致します。

 

スケジュールカレンダー

12月のスケジュールを更新しています。

読み込み中... 読み込み中...

 

 

ご予約フォーム

 

 

エクササイズ動画

 

この記事を書いた人

Daisuke

・理学療法士(国家資格)

・ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナー

・Yoga Teacher(Ashtanga yoga、Triyoga、3A`s)

・予防運動アドバイザー

・歩行インストラクター

広島県福山市出身。小学校から社会人にかけてバスケットボールを続けてきました。高校生の時に人の役に立つ仕事に就きたいという思いと部活のトレーナーが理学療法士であることもあり、理学療法士を志す。2011年、理学療法士免許習得。総合病院、整形外科病院在籍中にピラティス、ヨガに出会う。2017年ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナーを習得。現在、理学療法士として臨床現場とインストラクターとして活躍中。
また、母の死を機に「病気になる前の予防の重要性」を悟り、『病気に囚われない予防の実現』を人生のテーマに日々邁進している。

2011年 専門学校川崎リハビリテーション学院卒業、理学療法士免許取得(国家資格)

2012年 SJF基礎コース修了

2013年 運動連鎖道場修了

2014年 予防運動アドバイザー習得、エボリューションウォーキング養成コース修了

2016年 アシュタンガヨガ プライマリーシリーズTT修了(Ken harakuma)

2017年 FRピラティスマスタートレーナー・側弯トレーナー取得(中村尚人)、アシュタンガヨガ インターミディエイトシリーズTT修了(Ken harakuma)、DNA Aコース修了

2018年 Triyoga Basic(Eva-Maria Beck & Santoshi Devi)修了

 

 

ホームページはこちら↓↓の画像をクリック

 

 

 

 

『動きをみる』

身体コンディショニングセラピスト&パーソナルトレーナー・理学療法士として広島県福山市を中心に活動していますCompasses yoga & pilatesのDaisukeです。

 

広島県福山市を中心に

姿勢の改善や身体の使い方の改善

ご自身の骨格に合わせた身体の使い方の習得による痛みの改善やパフォーマンス向上

怪我の予防

ダイエットサポート

痛みの改善

をご自宅への訪問形式にて実施しています。

 

レッスンに必要なのは、動きやすい服装と、飲み物…あれば十分です!

 

ホームページではレッスンの内容や料金について詳細がわかりますので、この記事の最後の「ホームページはこちら↓↓をクリック」からのぞいてみてください。

 

『姿勢のタイプと動きのタイプ』

個々での姿勢のパターンは教科書や文献で様々言われてます。

姿勢は骨と骨との位置関係をみていることになります。

では、この姿勢になってしまったのはなぜでしょうか?

 

・筋肉のバランスが崩れたから?

・年齢?

・性別によるもの?

 

原因を考えると色々とあげられると思います。

 

ただ、姿勢だけをみると「どうしてこうなったのか?」という部分に突付きにくくなります。

 

では、動きを併せてみるとどうでしょうか。

 

動きをみることによって、機能としての姿勢タイプをみることができます。

例えば仕事で同じ作業を繰り返し行っていると身体はその動き自体を意識しなくてもできるようになりますね。(自転車に最初は乗れないけども、慣れてくれば周りをみながら運転ができるように)

つまり、自分の骨格形態をどのように使いこなしているか?を知ることができます。

 

このように普段から身体をどう使っているかが姿勢に影響している部分は多くあります。

筋肉もその動作パターンをするために、ある部分は大きくなり、ある部分は不必要になります。

 

もちろん姿勢タイプ別に姿勢を矯正していくのは重要ですが、根本の原因に対して対処をしていかなければいけません。

何が必要なのかを適確にピックアップする必要があります。

 

姿勢もこうだからいい…とかこうだからよくない…という見方もできると思いますが、どのように身体を使い、どのようにバランスを取ろうとしているのか?その動きが運動学や解剖学、生理学的になりたっているのか?も考慮できる必要もあります。

 

動作のパターンも個々でバリエーションがたくさんあり、意識を向けていく部位も違ってくるので、プライベートレッスンでは個人個人に合わせた動き方をアドバイスさせていただいています。

 

スケジュールは下記のカレンダーをご参照ください。

 

『年末年始のお知らせ』

年末年始に関してのお知らせです。

年内は31日まで、年始は元旦のみお休みをいただき、その他の日程に関してはいつも通りレッスンをさせていただきますのでよろしくお願い致します。

 

『お知らせ』

※プライベートレッスンのスケジュールは随時更新しております。

※下記カレンダーにてスケジュールを確認後、ご予約フォームにてご予約をお願い致します。

 

スケジュールカレンダー

12月のスケジュールを更新しています。

読み込み中... 読み込み中...

 

 

ご予約フォーム

 

 

エクササイズ動画

 

この記事を書いた人

Daisuke

・理学療法士(国家資格)

・ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナー

・Yoga Teacher(Ashtanga yoga、Triyoga、3A`s)

・予防運動アドバイザー

・歩行インストラクター

広島県福山市出身。小学校から社会人にかけてバスケットボールを続けてきました。高校生の時に人の役に立つ仕事に就きたいという思いと部活のトレーナーが理学療法士であることもあり、理学療法士を志す。2011年、理学療法士免許習得。総合病院、整形外科病院在籍中にピラティス、ヨガに出会う。2017年ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナーを習得。現在、理学療法士として臨床現場とインストラクターとして活躍中。
また、母の死を機に「病気になる前の予防の重要性」を悟り、『病気に囚われない予防の実現』を人生のテーマに日々邁進している。

2011年 専門学校川崎リハビリテーション学院卒業、理学療法士免許取得(国家資格)

2012年 SJF基礎コース修了

2013年 運動連鎖道場修了

2014年 予防運動アドバイザー習得、エボリューションウォーキング養成コース修了

2016年 アシュタンガヨガ プライマリーシリーズTT修了(Ken harakuma)

2017年 FRピラティスマスタートレーナー・側弯トレーナー取得(中村尚人)、アシュタンガヨガ インターミディエイトシリーズTT修了(Ken harakuma)、DNA Aコース修了

2018年 Triyoga Basic(Eva-Maria Beck & Santoshi Devi)修了

 

 

ホームページはこちら↓↓の画像をクリック

 

 

 

 

『ピラティス〜プライベートレッスン〜』

身体コンディショニングセラピスト&パーソナルトレーナー・理学療法士として広島県福山市を中心に活動していますCompasses yoga & pilatesのDaisukeです。

 

広島県福山市を中心に

姿勢の改善や身体の使い方の改善

ご自身の骨格に合わせた身体の使い方の習得による痛みの改善やパフォーマンス向上

怪我の予防

ダイエットサポート

痛みの改善

をご自宅への訪問形式にて実施しています。

 

レッスンに必要なのは、動きやすい服装と、飲み物…あれば十分です!

 

ホームページではレッスンの内容や料金について詳細がわかりますので、この記事の最後の「ホームページはこちら↓↓をクリック」からのぞいてみてください。

 

『プライベートレッスン』

本日は9月のFRピラティス ベーシックインストラクター養成コースを受講してくださった方のもとへ。

お仕事が忙しい中、練習が全然出来ていない…と言われつつも、頭の片隅には身体のことがあるだけでもとても素晴らしい「気付き」であると思いました。

 

お仕事しながら、課題もこなして、自主練もして…本当に頑張られていると感じました。

 

FRピラティス福山校では養成コース終了後もフォローアップやスキルアップの勉強会を定期的に行っています。

もちろん試験対策も。

 

養成コースが終了してから試験までは、自分自信の身体について気付きを。

試験終了してからはどう伝えていくのか、身体をどうみていくのかというレクチャーの段階へと進んでいきます。

実践がなければ見ようと思っていても、気持ちばかりが先走ってしまうことがよくあります。

症例報告会も定期的に行っていこうと思っています。

 

身体を動かすという分野についても「オーダーメイド」の時代に入ってきています。

何が大切なのか、何が強みなのか、向かうべき方向性はどのなのか…これらが明確になるレッスンがお一人お一人に届きますように。

 

1か月後はベーシック養成コースのテストがあり、私も今から楽しみにしています。

 

予定では来年のゴールデンウィークにミドルインストラクター養成コースを開催する予定です。(あくまで予定です)

また、ゴールデンウィークにベーシックインストラクター養成コースも開催する予定です。(あくまで予定です)

ご検討の方、今しばらくお待ち下さい。

 

『年末年始のお知らせ』

年末年始に関してのお知らせです。

年内は31日まで、年始は元旦のみお休みをいただき、その他の日程に関してはいつも通りレッスンをさせていただきますのでよろしくお願い致します。

 

『お知らせ』

※プライベートレッスンのスケジュールは随時更新しております。

※下記カレンダーにてスケジュールを確認後、ご予約フォームにてご予約をお願い致します。

 

スケジュールカレンダー

12月のスケジュールを更新しています。

読み込み中... 読み込み中...

 

 

ご予約フォーム

 

 

エクササイズ動画

 

この記事を書いた人

Daisuke

・理学療法士(国家資格)

・ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナー

・Yoga Teacher(Ashtanga yoga、Triyoga、3A`s)

・予防運動アドバイザー

・歩行インストラクター

広島県福山市出身。小学校から社会人にかけてバスケットボールを続けてきました。高校生の時に人の役に立つ仕事に就きたいという思いと部活のトレーナーが理学療法士であることもあり、理学療法士を志す。2011年、理学療法士免許習得。総合病院、整形外科病院在籍中にピラティス、ヨガに出会う。2017年ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナーを習得。現在、理学療法士として臨床現場とインストラクターとして活躍中。
また、母の死を機に「病気になる前の予防の重要性」を悟り、『病気に囚われない予防の実現』を人生のテーマに日々邁進している。

2011年 専門学校川崎リハビリテーション学院卒業、理学療法士免許取得(国家資格)

2012年 SJF基礎コース修了

2013年 運動連鎖道場修了

2014年 予防運動アドバイザー習得、エボリューションウォーキング養成コース修了

2016年 アシュタンガヨガ プライマリーシリーズTT修了(Ken harakuma)

2017年 FRピラティスマスタートレーナー・側弯トレーナー取得(中村尚人)、アシュタンガヨガ インターミディエイトシリーズTT修了(Ken harakuma)、DNA Aコース修了

2018年 Triyoga Basic(Eva-Maria Beck & Santoshi Devi)修了

 

 

ホームページはこちら↓↓の画像をクリック