『ピラティスの基本原則〜足のアーチ:Arch of Foot〜』

Pocket
LINEで送る
Facebook にシェア

『ピラティスの基本原則〜足のアーチ:Arch of foot〜』

ピラティスの基本原則:身体を重力に抗して(1Gに対して)起こし、身体全体の動きを統合(連動)させ、動きに繋げる原則。

 

基本原則には以下の要素があります。

 

⒈気づき

⒉集中

 

⒊正中化

⒋肩甲帯の組織化

⒌アライメント

⒍コアの制御

⒎足のアーチ

 

⒏軸の伸長

 

⒐関節の分離運動

10.脊柱の分節的運動

11.選択的呼吸

 

12.リズム&フロー

13.動きの統合

 

14.効率的な運動

 

 

上記の「軸の伸長」というのは、重力に対して身体を起こしている状態であり、頭頂は床から一番遠い位置にある状態になります。

この「軸の伸長」を効率的にかつ最大限に行っていくためには身体的要素として③〜⑦の要素が非常に重要です。

 

今日はこの中の1つである「足のアーチ」について見ていきましょう。

 

「足部のアーチとは」

足のアーチには「内側縦アーチ」、「外側縦アーチ」、「横アーチ」の3つのアーチがあります。

それぞれについて見ていってみましょう。

「内側縦アーチ」

足の内側にあるアーチで内側での土踏まずを形成します。筋肉でこのアーチのたわみを調整して、歩くときの衝撃吸収と歩くときに前方に進むための蹴り出しの機能を担っています。

 

「外側縦アーチ」

足の外側にあるアーチで、体表面からはみにくいですが、内側縦アーチと同様に筋肉でアーチの調整を行い、衝撃吸収と蹴り出しの機能を担っています。

 

「横アーチ」

中足部と前足部にあり、両サイドの縦アーチを繋ぎ、各々のアーチの調整のバランスをとる機能を担っています。

 

類人猿と比較しても、ヒトの足部は、母趾が他の4趾と平行した位置にあり歩行に適した形状となっています。

 

「足のトラブル」

足のトラブルには「外反母趾」や「内反小趾」、「開張足」、「外転足」などなどたくさん見受けられます。

足は全身の体重を支え、力を地面に伝達していく部分になるので、足のトラブルは足のみのコントロールだけでは解決しない場合もあります。

最終的に足部へ力が効率的に伝達していくには、全身性の運動連鎖を効率的に足部に伝えていく必要があります。

足部自体の筋力が低下してしまったり、関節の可動性が低下している場合、そこに至るまでの力の伝達が円滑にできているかどうかが重要になります。

個別で筋肉をつける必要がある場合ももちろんあります。

そこに至ってしまった全身性の使い方をピラティスで再構成していってください。

 

 

ファンクショナルローラーピラティスベーシックインストラクター養成コースについて

 

現在広島県福山校では9月に第4期ファンクショナルローラーピラティス ベーシックインストラクター養成コースの受付が始まっています。

詳細は下記の画像をクリックしてご確認ください。

 

 

プライベートレッスンのスケジュールは随時更新しております。

下記カレンダーにてスケジュールを確認後、ご予約フォームにてご予約をお願い致します。

 

スケジュールカレンダー

読み込み中... 読み込み中...

 

 

ご予約フォーム

 

 

この記事を書いた人

Daisuke

広島県福山市出身。小学校から社会人にかけてバスケットボールを続けてきました。高校生の時に人の役に立つ仕事に就きたいという思いと部活のトレーナーが理学療法士であることもあり、理学療法士を志す。2011年、理学療法士免許習得。総合病院、整形外科病院在籍中にピラティス、ヨガに出会う。2017年ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナーを習得。現在、理学療法士として臨床現場とインストラクターとして活躍中。
また、母の死を機に「病気になる前の予防の重要性」を悟り、『病気に囚われない予防の実現』を人生のテーマに日々邁進している。

2011年 専門学校川崎リハビリテーション学院卒業、理学療法士免許取得(国家資格)

2012年 SJF基礎コース修了

2013年 運動連鎖道場修了

2014年 予防運動アドバイザー習得、エボリューションウォーキング養成コース修了

2016年 アシュタンガヨガ プライマリーシリーズTT修了(Ken harakuma)

2017年 FRピラティスマスタートレーナー・側弯トレーナー取得(中村尚人)、アシュタンガヨガ インターミディエイトシリーズTT修了(Ken harakuma)、DNA Aコース修了

2018年 triyoga Basic受講中(Eva-Maria Beck、Santoshi Devi)

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です