Triyoga(トゥリヨガ)Teacher Training 前期

Pocket
LINEで送る
Facebook にシェア

こんにちは。広島県福山で個性・骨格に合ったヨガ・ピラティスのインストラクターとして活動していますDaisukeです。

 

ゴールデンウイークはどのように過ごされましたか?

 

2018年5月1日〜5月6日までTriyoga (トゥリヨガ)Teacher Training前期の前半部分、5月11日〜13日までは前期の後半部分でした。

今回で第4期生となるこのTeacher Training。場所は京都のヨガスタジオ TAMISA。

<僕はこの床材がとても気持ちよくて心地がよかったですね(^U^)>

 

講師エヴァマリア・ベック先生。ベルリン在住の先生です。

 

京都ヨガスタジオTAMISAのTriyoga teachersのTriyoga flowの動画はこちらから。

 

エヴァマリア・ベック先生のTriyoga flowの動画はこちらから。

 

 

トゥリヨガとは(What is Triyoga?)

Kali Ray(カリジー)によって創設されたTriyoga(トゥリヨガ)は動く瞑想、yogaflowの芸術と科学と言われています。

流れる姿勢と持続姿勢を融合させ、リズミカルで効率的な背骨の波打つような運動がダイナミックで安定したアーサナ・プラナヤマ・ムドラを三位一体に導くと言われています。身体の内側からのリズム、リラクセーション・イン・アクションという動きの中でのリラックス感を感じることができるでしょう。

Triyoga(トゥリヨガ)は“大地”や“水”や“火”といった自然に密接した体系化されたシークエンスに分かれています。

自分の身体の中から起こるエネルギーを感じ、リズミカルな動きをただ自分のあり身体が求めるありのままの自分を受け入れてください。

 

 

前半を終えての感想

今までエコノミーオブモーション(ムーブメント):効率的な動きということがここまで腑に落ちるものはありませんでした。

「動き」といっても筋肉を使おう使おうとするとそこにマインドが生まれ、動きを出すために過剰に筋肉に緊張が入ってしまっていたということが身体をもって体感することができました。

リズム・フローと言われる部分も呼吸から起こるリズムが自ずと身体のフローへの連続性をもって伴っていく感覚。

マインド−呼吸−身体の一体化を感じることができるTTでよかったと思います。

前期後半での11日(金)にはSkypeでカリジーとのミーティングもありました。創始者の先生と対面することはかなりレアな経験だとは思いますが話を聞いているだけでも落ち着くような方でした。

 

次回中期Triyoga teacher trainingは7月の1週目と2週目の週末にあります。

また自分が体感したことをこの場を通じてお伝えできればと思います。

 

プライベートレッスンスケジュール

ヨガやピラティスのプライベートレッスンを広島県福山市を中心にしています。

ヨガやピラティスを通して心身を整えてより健全に快適に過ごすお手伝いができればと思います。

プライベートレッスンの詳細は⬇︎⬇︎こちらから。

http://sat-compasses.com/private/

 

レッスンスケジュールは⬇︎のカレンダーから確認してみてください。

青い枠をクリックしていただくとレッスン時間帯の詳細を見ることができます。

読み込み中... 読み込み中...

 

ご予約フォーム

 

この記事を書いた人

 Daisuke

2011年、理学療法士免許習得。総合病院、整形外科病院在籍中にピラティス、ヨガに出会う。2017年ファンクショナル ローラー ピラティス マスタートレーナーを習得。現在、理学療法士として臨床現場とインストラクターとして活躍中。
また、母の死を機に「病気になる前の予防の重要性」を悟り、予防医学の実現を人生のテーマに日々邁進している。

 

 

 

 

2011年 理学療法士免許取得(国家資格)

2016年 アシュタンガヨガ プライマリーシリーズTT修了(Ken harakuma)

2017年 FRピラティスマスタートレーナー・側弯トレーナー取得(中村尚人)、アシュタンガヨガ インターミディエイトシリーズTT修了(Ken harakuma)

2018年 triyoga Basic受講中(Eva-Maria Beck)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です